iMac(RevA-D)メモリーインストレーション方法その1


iMacのRevA-DはiMacDVに比べてメモリーの増設がちょっと面倒です。本体をばらしてから装着
する必要があります。そのため、メモリー増設をご自分でやることに抵抗がある方がいるかも知れ
ません。でも心配はいりません。ここのやり方通り順番にやれば、ほぼ間違いなくメモリーを取り
付けることができます。

それでも自身の無い方はマックメムの有料の取り付けサービスをご利用くださいませ。
詳細はこちらです。


まず最初に
○準備するもの:プラスのドライバー
○メモリー装着時の心得
 まず、マザーボード、ドーターカードをさわる前に自分の体の電気を放電しましょう。
 iMacを開けたらまず筐体の鉄の部分か電源部に触ってください。

 そしてその後の注意としては、インストール中は歩き回らないことです。歩き回ると自分の体に電気
 を蓄える可能性があります。もしその場を離れる場合、戻ってからかならず筐体か電源部分を触って、
 再度放電してください。

本体のばらし方

1.タオルなどを敷いて、iMacの画面を下に向けて立てます。


2.プラスのドライバーでねじをはずします。


3.ねじがはずれたら、下の丸の部分のフックをはずしながら、レバーを手前に引っ張ります。
  この時全体を上に引っ張るよりも、上の5つのフックをまず手前に引くような感じではず
  して、次に下の2つのフックを持ち上げるほうが、楽にカバーの取り外しができます。


4.カバーがはずれたら、中の4つのケーブルをはずします。手前3つは上方向、奧の1つは
  左側に抜きます。奧の1つは固定用フックがありますので、それを押し下げながら引っ張ります。


ケーブルを外す前


ケーブルが外れた後

5.ケーブルの1本がねじで固定されているので、それを取り外します。


6.次は上部のねじを取り外し、ねじのまわりの白いハンドルをもって引き抜きます。

7.取り外した、マザーボードのトレーの全形です。手前の格子状になっている下がメモリーを
  取り付けるソケットがあります。


メモリーのインストレーション方法はこちらです。
初代iMacへのVRAMのインストレーション方法はこちらです。


macmem.com
運営:(有)ノリオ・エルエルシー 代表:猪川紀夫
info@macmem.com
日本オフィス:〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-5-11-A
電話/FAX:045-543-0998

■当社はオンラインストアーであり、販売形態は通信販売のみです。
■電話でのお問い合わせは受け付けておりません。メールでのみ対応させて頂きます。
■商品の価格・仕様・発売時期等は、予告なしに変更される場合があります。
■このウエブサイトに掲載されている内容を無断に転載することを禁止します。
■このウエブサイトのリンクは自由ですが、事前にご連絡ください。