MacBook/MacBook Proのメモリーと

デュアルチャンネルの効果について


マックメムの店長猪川です。

新しいMacBookとMacBook Pro10月15日に発表されました。うれしいですね。
マックメムでもテスト用にMacBookを購入しました。

さて、この新型のMacBookとMacBook Pro用のメモリーですが、DDR-3と呼ばれる新しいタイプのものになりました。

以前のMacBookやMacBook Pro用のメモリーでは動作しません
のでご注意下さい。

またアップルでは同じメモリー容量(1GBと1GBや2GBと2GB)を2枚増設することを薦めていますが、異なる容量のメモリー(1GBと2GB)でも問題無く動作します。ですので、増設の場合はまずは2GB1枚を増設して、それでも不足する場合にあとで2GBを追加されると良いかもしれません。

ちなみにアップルでは同じサイズのメモリー(例えば1GBを2枚、2GBを2枚等)を一緒に増設するように薦めています。これは”2枚のメモリーから同時にデータを読み書きをする”デュアルチャンネルという機能により、高速にデータを処理をすることが可能である、という理由のためです。

それで実際にマックメムではデュアルチャンネルがどれほどの効果があるのかを検証してみました。

MacBook Late2008にデュアルチャンネルの効く1GBが2枚の場合とをデュアルチャンネルの効かない2GBが1枚の場合でテストしてみました。

まずベンチマークの結果です。Geekbenchというベンチマークソフトの32ビット版と64ビット版を使用した結果ですが以下の通りです。




デュアルチャンネルにより2〜3%の効果
があることがスコアから確認出来ました。

次に実際の使用を想定して以下のテストしてみました。
1.12曲27.5分のCDをAACに変換する場合
2.2分50秒のQuickTimeムービーをiPod用MPEG-4に変換した場合

結果は以下の通りです。



このテストでは2GB1枚のほうがわずかに(1〜2秒)高速です。
(苦笑、たぶんほぼ同じ処理時間で差は誤差だと思います)

ということで、上記の検証結果からマックメムとしてはデュアルチャンネルの効果は微細であるため、必ずしも同サイズのメモリーを入れる必要はないと判断します。特に価格的な問題として、1GB2枚よりも2GB1枚のほうがお安いので、そちらをお薦めいたします。

ただし、もしかするとBootCampでWindows OSの場合はパフォーマンスに差が出る可能性があります(テスト未)ので、Windowsを多用される方は同じサイズのメモリーを入れておくと良いかもしれません。

MacBook用はこちらからです。
MacBook Pro用はこちらからです。


どうぞよろしくご検討下さい。


macmem.com
運営:(有)青い空 店長:猪川紀夫
info@macmem.com
日本オフィス:〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-5-11-A
電話/FAX:045-543-0998


■当社はオンラインストアーであり、販売形態は通信販売のみです。
■電話でのお問い合わせは受け付けておりません。メールでのみ対応させて頂きます。
■商品の価格・仕様・発売時期等は、予告なしに変更される場合があります。
■このウエブサイトに掲載されている内容を無断に転載することを禁止します。
■このウエブサイトのリンクは自由ですが、事前にご連絡ください。