Picasaの容量を20GBにアップ!

横着者の私はデジカメにEye-Fiを使っていて便利だなーとつくづく思います。なんせ写真のデータが自動でサーバーにアップロードされるので、SDカード引き抜いてUSBのリーダーにセットするどころか、iPhotoさえ起動する必要ないんですから。

でも数日前からデータの転送が出来なくなり、困った状態に。で、探ってみるとデータ転送先のPicasaの容量が一杯。なんと、大判振舞いのGoogleでもPicasaに関しては1GBしか使わせてくれないことを知った次第です。

ということで、有料オプションで5ドル/年を支払い、20GBにアップしました!そう、20倍にアップです!

支払い時の注意事項に「アップグレードは翌日から」とありましたが、1時間もかからずにアップグレード完了してました。Googleの素早さはお見事です。

さてと、使い倒すようがんばりましょ。

マックメム店長 猪川紀夫

Flip Timeを使って見よおっと。

私のメインの時計はMacBook Proのメニューバーにあるデジタル時計。27インチの画面だとメニューバーが細いので、時計も小さくてなります。最近ではちょっとみづらいかな。

メニューバーの時計

なので、手元に時計があると便利だと思ったけど、今更時計を買う気はしないし、と。

で、iPhoneの中にかつて購入した時計アプリがあったはず。あ、Flip Timeと言いましたっけ。ちょっと見ない間に画面の色が複数登場していて楽しい感じにバージョンアップされていました。

GRIFFINの充電式のスタンドに立てて、Flip TimeをONにする。なかなか良い感じです。

マックメム店長 猪川紀夫

人口太陽

トロピカーナというオレンジジュースメーカーの1分間のドキュメントCMです

31日間も太陽が昇っていない北極にあるInuvikという町に人口太陽を上げるプロジェクト。

「私達はInuvikに太陽を持ってきました。なぜなら明るい朝が明るい一日をもたらすと信じているからです。」というキャッチコピーと、実際に人々が太陽を見上げている時のうれしそうな顔が感動的です。

人は暗闇よりも、自然と光を求めます。光は安心の源です。

イエス・キリストは「わたしは、世の光です。」と言いました。2000年前の時代、多くの人が心に光を求めていたんですね。

今の暗い時代にも通じる心理であり、真理だと思います。

ネタもと:GIZMODO.jp
マックメム店長 猪川紀夫

100円のUSB充電用電池ケース

100円ショップに乾電池式のUSB充電用電池ケース(?と呼ぶのだろうか)があったので、ふと買ってみました。

batterybox1

batterybox2

プラスチックのボディーをあけて2本の単三電池を入れてみました。ここでは充電可能なエネループを使っています。

batterybox3

800mAの出力がないとiPhoneへの充電は出来ないのでNGでしたが、iPodへの充電可能でした。この製品のターゲットはDSやPSPや携帯ユーザーのようですね。

batterybox4

batterybox5

100円のコストパフォーマンスとしては100点だと思います。単三電池を持ち運ぶ時にばらばらにならないように、電池ホルダーとして持っていても損はないと思います。

マックメム店長 猪川紀夫