確かに最近のMacはトラブル減りました。

 

iMac Mid 2007をご使用のお客様からサポートのご依頼があった。スリープからの復帰が出来ないとのこと。

 

すでにアップルには電話をされていて、OSXの再インストールを勧められたとか。ただOSXの再インストール前にマックメムにも話を聞いてみようと考えられたとのこと。大変賢明な判断だと思います。(ハードの故障はいくらosやアプリを再インストールしても治りません。マックメムにご連絡頂ければ一時判断しますのでそれからアクションを起こされるほうが便利だと思います。)

 

お客様と数回メールをやりとりして詳細をお教え頂いたところ、スリープから復帰出来る時もあるし、いつでもスリープから復帰出来ないわけではないとのこと。メモリーが経年でへたってくると、スリープ復帰からの信号がうまく受け取れずに起動できないことがあるので、メモリーの不調かなと考えたりもして。それで、これまでどのぐらいスリープから復帰出来ないことがあるのか尋ねると、2回とのこと。

 

この回答にちょっと唸ってしまった。たった2回...自分としては2回というのは故障の部類に入らないと思う。OSXのタイミングとかがうまくいかなければトラブルになることもあると思う。ただ、最近のOSXはすこぶる調子が良いので、ちょっとしたトラブルでも不安になるのは無理はない話かなと思ったり。

 

昔話で恐縮ですが、Mac OS 6-9のころは結構フリーズしたんです(Windowsに比べれば比較にならないほど少なかったけれど)。なので、トラブルが出ないようにMacを使うというのもユーザーのテクニックだったりして。”Macに無理はさせない”とか”へんな周辺機器をつながない”とか””機能拡張やらコントロールパネルは厳選する”なんてことを当たり前のようにやっていたんです。

 

それでもトラブルはあるし、そういう時には「しょせんはパソコンだからしょうがない」と言い訳をしていたり。でも、出来の悪い子供ほど可愛かったりして。大切に使ったものです。

 

OSXもそうだけど、iPhoneもiPadもフリーズすることなんて皆無だから、すごい時代になったなとつくづく思います。

マックメム店長 猪川紀夫
アップルのメモリーの残念なところ