スポンサーリンク

ジョブズ曰く”iPodはソフトウエアだ。”

昨晩、NHKスペシャル”メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ”観た。なぜソニーはアップルになれなかったのか?というテーマでiPodとウォークマンの闘いについて描かれていた。

というか、内容を観る限り、ソニーはウォークマンのシェアにあぐらをかいて闘っていなかった感じ。たぶんソニーとしては、オーディオ機器についてはソニーのほうがずっと上、という見下した感があったのではないかと思う。インタビューを聞いていてもiPodの危機感がなかったもの。
iPodが成功した理由について、生前のジョブズのコメントも紹介されていて、彼が”iPodはソフトウエアだ”と言い切っていたのが大変印象深かかった。

つまり、それまで日本メーカーがポータブルオーディオ機器をたくさん世に出していたものの、音楽を送るための適切なソフトウエアが無かった。そこで、ジョブズはiTunesを作り(もともとはサウンドジャムMPを買収したのだけれど)、iPodへ音楽を簡単に転送出来るようにした。

そして、音楽を転送させるだけではなく、そこで販売してしまおうとiTunes Storeまで開いてしまった。つまり消費者は面倒くさがりで、自動で音楽をシンクロしてくれるシステムを好むし、音楽がそこで買えれば買ってしまうだろうと、ジョブズは考えたわけだ。まさにその戦略通りになったのだ。

ソニーは音楽部門を持っていたのだが、自社の音楽販売だけにこだわったり、MDの販売の邪魔をしないようにネットでの音楽販売に力をいれなかったり、違法コピーが出来ないようにプロテクトを強化したりして、結果ユーザーはウォークマンを使うのがかったるくなってしまったわけだ。自社(または自社グルーム)の利益優先で、ユーザー目線が失われてしまったことが敗因ということになるのかなと思う。

それにしても、”iPodはソフトウエアだ”という言葉は今も生きていて、”スマホはソフトウエアだ”であり、”パソコンはソフトウエアだ”でもあると思う。画面の大きさだけを自慢しているスマホとか、色々な機能が搭載されていることをうたっているパソコンは、自分は使う気にならない。ハードとソフトのトータルで考えて、どれだけ”らくちん”なのかが、自分の価値観だからだ。

P.S.林のびさんも、わずかな時間だったが登場されていた。iPod,iPhoeともにメジャーなジャーナリストになったなと感慨深い。

本日21時から第二部が放映されるのが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました