東北の人々は世界で一番優しい人達に違いない。

東北震災復旧

東日本大震災からちょうど2年。自分には祈ることと、ちょっとした寄付等によるサポートしか出来ない。でも、自分には大きなことが出来ないからとやめないで、小さいことでもいいのでやっていくことが大切かなと感じる。「思いだしてくれるだけでもうれしい」とTVで言っていた東北おじさんの言葉が重い。聖書の言う「良いことに飽きてはいけない」ということなんだと思う。
どこの研究だったか忘れたが、「人は深い悲しみに合うほど、他人を思いやれる能力が高まる(つまり優しくなれる)」らしい。
多くの人に「優しくなりたいですかと?」尋ねれれば、ほとんどの人がイエスと答える。では、「深い悲しみに会いたいですか?」と尋ねれば、ほとんどの人がノーと答える。優しくなりたいけれど、悲しみはいやだということ。つまり、これは泳ぎたいけど、濡れるのはいやだ、というような理屈だ(苦笑)。でもそれが自分を含め普通の人の感じる素直な気持ちだと思う。
さて、自分は昨年のクリスマスにあるイベントに参加した。それは、生まれてから一度もクリスマスプレゼントをもらったことがない、海外(日本からは東南アジア)の子供達にプレゼントを贈る「オペーレーション クリスマスチャイルド」というイベントだ。
参加といっても1000円ほどのプレゼントを持ち込んで、700円の送料を負担するというだけのことだ。自分が会ったことがないどこかの子供が喜んでくれるに違いない、と想像することしか出来ないけれど、そうだったらうれしいなと思って参加したのだ。自分の出来ることはこんなことぐらいなので。
このイベントで多くのクリスマスプレゼントが集まって、無事に東南アジア(確かインドネシア)に贈り届けることが出来たという報告を最近聞いた。
見ず知らずの子供たちにプレゼントを贈る人がまだまだたくさん日本にはいるんだという驚きがあったが、一番驚いたことは、その集まったプレゼントの4分の1が東北の人々からのものだったという事実だ。本当ならちょっとでも多く支援を受けたいと思っている立場の人達が、自分よりもっと不幸な子ども達のために役に立ちたいと思っていることが凄いなと。
深い悲しみというものは無いほうが良いと自分も思う。でもそういう深い悲しみの副産物として優しさが生み出されるとするならば、悲しみはただの悲しみで終わらない。東北の人々は日本で一番、いや世界で一番優しい人達になったんだと思えてならない。
マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

Macのハードディスク交換をしても良い人・いけない人

HD

MacはMac Pro以外はあまり拡張性がすぐれているとはいえない。アップルはデザイン優先なので、余計な部分を削り落としてしまうためだ。
それでも、HDならちょっとした技術と勇気があれ交換可能だ。でも、HD交換が出来るからと言って、皆がすれば良いかというとそうでもない。標準で使ったほうが良い人もいる。どういう人かと言うと”疑い深い人”。
最近のOSXはかなり安定しているのでカーネルパニック等は少なくなったが、それでも全くトラブルがないわけではない。そんな時「パソコンだからしょうがないや」と考えられる人は良いのだが、「交換したHDが故障しているのかもしれない」と考える傾向のある人にはちょっと向いていないかなと思う。
新しい環境になってパフォーマンスが上がり気持ちよく使えるはずが、逆に気苦労が耐えなくなってしまう。これはもったいない。それなりにお金を使って、気苦労するぐらいならやらないほうが良いなと思う。
ということで、自分の性格を吟味して...いや、そういう人に限って自分はそうでないと思っているんだよなー。
マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

「iPhoneを探す」機能を転用して欲しっす。

bicycle.jpg

iPhoneを探す」機能って素晴らしいなと思う。
単純にiPhoneを探すだけでなく、メッセージを送ったり、相手が窃盗犯であれば強制的に大きな音も出せる。そして、最悪本体が戻らなくてもはデータを消すことが出来る。
で、”盗まれる”ということを考えていたら、過去に盗まれたことのあるものを思い出した。
それは自転車。
小学生高学年の頃に、自分のちょっとした不注意で自転車を2回盗まれたことがあって、その時親にえらく叱られた。
その当時、自転車が3万円近くもしたのだから、しょうが無いとは思う。その後に盗まれた場所の付近に乗り捨てられていないかを1週間近くうろうろしたけれど、結局見つからずじまい。すごくがっかりしたものだ。
そこで、今更だけど、もうちょっとGPS装置が小型で安価になったらで良いのだけれど、GPS搭載車を販売して頂きたいなと思う。これがあれば、iPhoneのアプリとかで盗難された自転車が簡単にみつけられるようになると思うのだけど。
伊藤計劃の小説では、自転車にかぎらず、全てのものにシリアル番号が振られて、どこに何があるかネットで検索出来る社会が描かれている。自宅内のものをサーチすると、ARの矢印が出て”ここにあるよ”と教えてくれるらしいのだが、自分なら一番頻度が多いはテレビのリモコンだろうな。(つーか、リモコンやめてSiri搭載で、音声でチャンネルを変えるとか、番組探してくれればいいだけの話か。)
マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember