Mavericksのメモリー圧縮機能:今更そんな必要ある?

OSXの新バージョンMavericks無料ということで早速インストールしたところ自分のMac mini 2009ではもさっとしだした。表示がほんのちょっとだけ遅れる感じ。顕著なのはメールで、メールはこれまでスカッと開いていたのが、今はうーん、ぱっと表示される感じ。実際には0.5秒とかそんなところなのだろうけど、いやーんな感じではある。
これは新しく採用されたメモリー圧縮のせい?と考えてしまうのだがどうなのだろう。
Mavericksからメモリーの圧縮なる技術が採用された。


109memory2
109memory1

このメモリー圧縮のロジックについて詳しいわけではないが、ファイルの圧縮をメモリー上でもやっているということなのかなと想像する。
例えばSafariでネットを徘徊している時に戻るボタンを押すと前に見たページに戻れるわけなのだが、戻る度にネットからデータを取り込んでいるわけではなく、前のデータをそのまま持ち続けていてそれを再度表示している。このほうが素早くページを表示出来るためだ。特にSafariはそのデータをメモリー上にひたすら貯めこんでおく。そうしておけば何ページ前でもすぐに戻ることが出来るからだ。そのため戻って表示することのないデータさえ、Safariを終了するまでメモリー上に居座り続けることになる。
つまり、それはメモリーを大量に消費することを意味する。一方で、HPやブログというのはデータ的にはすかすかなので、それを整頓してあげれば、メモリーの消費を抑えることが出来る。
ではなぜそんなことをこれまでやって来なかったのか。それはデータを圧縮するためのCPUパワーが無かったからなのかもと想像する。最近はi5だi7だとCPUパワーがアップしている。メールやネットのブラウジングだけではもったいないぐらいのパワーなので、余っている分で圧縮する処理をさせようということなのかなと。
でもメモリーのサイズは年々増えていて、標準で4GBや8GBが当たり前になりつつある。増設すれば16GBや32GBなどにも出来る。使い切れないほどのメモリーをわざわざ圧縮する必要があるのか?
たぶん、こういう高機能の処理を導入すると古いMacでは処理が追いつかなくて、ちょっともたつく感じになる。すると新しいMacが欲しくなる→新しいMacが売れる→アップル儲かる、という算段なのではないかと邪推してしまう。ま、新しいOSは新しいMacのためにあるわけなので、致し方無いとは思うのではあるけれども。
マックメム店長 猪川紀夫
 

デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

アップルのOSX 10.9 Mavericksを無料化戦略。iPhoneが人質なので強気なのかも。


Marverics

OSX 10.9 Mavericksがリリースされた。
今回のアップグレードはメジャーアップグレードだが無料。無料でやっていけるのか?的な話がネット上で持ち上がっているが、個人的にはアップルらしい戦略だなと思っている。
無料化の一番の理由は新しいハードウエアを購入させることに違いない。
通常最新のOSというのは最新のハードウエアに最適化されている。メモリーも沢山食うし、処理能力も必要とする。なので、古いMacユーザーが10.9をインストールすれば微妙に遅くなったと感じてしまうはず。新しい機能が導入されているのでしかたないかもしれない。(2007年以前のMacユーザーはアップグレードさえ出来ない)
そんなOSならわざわざバージョンアップしなければ良いじゃんと思うかもしれない。個人的には10.8でも十分満足しているし。ところがここはアップル、iPhoneを人質に取っているのですよ。
Macのユーザーの多くはiPhoneを使用していて、iPhoneをiTunesを利用してシンクロするのだが、そのうち10.9でしか動作しないiTunesをリリースして来るだろうなと思う。iPhoneのiOSも進化してるのだが、新しいiOSは新しいiTunesでないとシンクロ出来ないことにしてしまえば、ユーザーは嫌でも10.9をインストールしないわけにはいかない。2007年以前のMacユーザーは新しいMacを購入しなくてはいけなくなる。
iPhoneを多少使い勝手が悪くても単体で使用するという覚悟があれば、10.9を入れなくても良いのだが、そこまで頑なに拒むようなことでもないし。
これはアップルのユーザーいじめというよりも”新しい時代には最新のハードと最新のOSをどうぞ”とお勧めしてくれているぐらいに考えれば気持ちよく新しいMacを購入できるんでしょうね。あ〜結局アップルの思う壺w。
マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember