アップルが純正品だけ使わせたいわけ


MBPbattery

以前のMacBook Proのバッテリーは取り外しが出来てユーザーが交換出来たのだが、最近はねじどめされていてユーザーが勝手にネジをはずすと保証が切れるようになった。つまりアップルが認める技術者によって、アップルの純正バッテリーだけを取り付けろということ。
以前なら予備のバッテリーを持ち歩いて、交換して長時間使用を続けるなんてこともあったなーとちょっと懐かしくなったり。今はこれが出来ないので、コンセントがあるカフェが人気になったりする。
それから、iPhoneに用いられるLightningケーブル。これもiOSのバージョンによってアップルがライセンスしていないものは認識しないようにプロテクトをかけたりしている。つまり純正品だけ使いなさいということ。
多分、アップルの関連の周辺機器は中国製の粗悪品がたくさん出回っていて、それを使って本体が故障するケースが増えているのではないかと想像する。アップルとすれば、粗悪品がらみの故障でユーザーからの不当なクレームを避ける思惑なのだと思う。
ご時世なんでしょうな。

ベンツのブランド力、アップルのブランド力


benzapple

古いベンツを所有している知人がいる。彼いわく、もう10年以上乗っているので車の価値は30万円程度らしい。売ってもお金にならないので乗り続けているということだ。
ところが、多くの人は彼がベンツに乗っていると言うと驚くらしい。多くの人はベンツ=高いというイメージをもっているので、自分には関係ないことと考えて実際の価格を調べようとしない。彼は驚く人々に、自分のベンツは無茶苦茶安いということをあえて言わずに、すごいでしょとちょっとドヤ顔をすることを楽しんでいる。
この話はMacにも通じるような気がする。
最近は10万円以下のMacもたくさんあるのに、多くのPCユーザーはMacは高いと思っているので、購入しようと考えないのかもしれない。MacBook Airなんて10万円もしないのにPCユーザーからすると「Macユーザーは高級機をスタバで見せびらかしやがって」みたいに思っているのかもしれない。
ま、それならそれで、Macユーザーは黙ってアップルのブランド力を享受しましょ。

日本でiPhoneのシェアが高い理由は、乗り換えってめんどくさくね?ということかも。


Android-Vs-iOS

日本のスマホ市場でiPhoneのシェアは5割で米国よりも上だとか。なぜなんだろう?
ブランド好きの日本人が、Appleが好きってのはあるかもしれない。
でも、これは個人的な意見だけど、忙しい日本人には手間暇かけてアンドロイドに乗り換えるほど強烈な魅力がないからじゃないかと思う。
人間は今の状態のままが良い、変化を好まない。簡単に言えば変化がめんどくせーって感じる生き物だ。現状維持バイアスなんていう業界用語があって、人は変化が生み出す将来の結果よりも、現状のほうが良いに違いないと偏った考えをしてしまう傾向がある。
では、どのくらいの良い変化がもたらされるなら、変化を受け入れてみようかと考えるかというと、2倍とか3倍らしい。ということは、iPhoneからアンドロイドに乗り換えるには、アンドロイドに2〜3倍の魅力が必要ということになる。
画面が大きい、(アップルに制約されない)特定のアプリが使える、電子マネー機能が使える、価格が安い、等々確かに良さそうな面は多い。でも、iPhoneからのデータ転送、アプリの再度のダウンロード、使い方の習熟にかかる時間等々を考えると、それらを補って余りあるほどの魅力は、一般のiPhoneユーザーは感じないんだろうなと思う。
結局、乗り換えってめんどくさくね?ということで多くの人は再度2年契約するのであった(苦笑)。

au iPhone5の2万円のキャッシュバックは、実質1万円の価値(苦笑)

e58790a8a7f911e3817312914a2db17c_8

娘のiPhoneを契約してきたの続き。
さて、娘のiPhone 5だが、最終的な請求書が届いた。請求額は3,142円(これに2万円のキャッシュバックを頂戴しているので、それを24ヶ月で割ると毎月833円分引いた代金2,308円が実質代金ということになる)。

ご利用項目 金額(円) 内訳(円) 備考
■080XXXXXXXX 3,142
基本使用料 0
 LTEプラン 1,868
 誰でも割+家族割 -934 基本使用料の50.0%割引
 基本使用料割引額 -934 auにかえる割
オプション使用料 6,000
 LTE NET 300
 LTEフラット 5,700
 テザリングオプション 500
 オプション使用料割引額 -500 テザリングオプション無料キャンペーン
通話料/LTEプラン 20
 通話料 0
通信料/LTEフラット 0
 通信料 714,450
 LTEフラット割引額 -714.450 ご利用パケット通信料を全額割引します。
請求総額割引 -3,010
 毎月割 -1,600 2016年 1月ご請求分まで適用
 auスマートバリュー -1,410
ユニバーサルサービス料 3 1番号当たり  3円のご請求となります。
消費税額 149

この契約の半年前に妻と息子のために契約したiPhone 5の月々の請求額は2,702円。なぜ今回が3,142円と高いのかというと毎月割に差があるため。半年前は毎月割が2,039円だが、今回は1,600円と低い。つまり、月々400円ほど値上げする(値引き分を低くする)ことでユーザーから2年で1万円を多く徴収出来るわけだ。
つまり、auは赤字覚悟で2万円もキャッシュバックをしています!感を出しながら、実際には1万円の値引きしかしていないということ。さすがau。うまいことやっていると思う(苦笑)。

マックメム店長 猪川紀夫
マックとメモリーの関係

い、いまさら、iPhone 4Sのプロモーションって(苦笑)

top_iphone4s
 
現在、2014年3月。iPhone 5c/5sが販売開始が昨年の9月なので、すでに6ヶ月が経過。
そんな状況でソフトバンクからiPhone 4Sのプロモーションのおしらせが届く。

え?4S?iPhone 5ではなくて、2世代前のiPhone 4S?(苦笑)

よほど在庫が残ってしまって困っているのかしらん。
このプロモーションでは新規・乗り換え・機種変更どの場合でも2万円キャッシュバック。それから、4Sのパケット定額が4200円で、5Sよりも安い以前の料金プランのままになっている(5Sが高すぎるのではないかと思わなくもない)。
◆iPhone 4s(16GB)月々のお支払イメージ(目安)(※1)
機種代金/賦払金(24回分割※2)   1,480円
ホワイトプラン(i)         980円 〔934円〕
S!ベーシックパック(i)       315円 〔300円〕
パケットし放題フラット       4,410円〔4,200円〕
月月割(最大24ヵ月間)      -1,480円 (※3)
──────────────────────────────
★毎月のお支払額       ⇒  5,705円(※4)
うーん、小ぶりのiPhoneが好きという方には良いかも。
申し込みはこちらからだそうです。
マックメム店長 猪川紀夫
マックとメモリーの関係