スポンサーリンク

タワー型Mac Proのビデオカードが故障したらどうする?アップル純正の新品が無い。

タワー型のMac Proのビデオカード(グラボ)の新品ってのが手に入らない。

ご存知かもしれないが、一般的にグラボは寿命が短いパーツだ。理由はたぶん発熱。発熱の影響でGPUが壊れるのか、メモリーが壊れるのか、基盤の配線が切れるのか、はたまたそれらのパーツのハンダが割れるらしい。

で、タワー型のMac Proはグラボが故障しても取り外しができるので、新しいグラボと交換することができる。ところが、交換用のグラボはすでにアップルで販売していない。タワー型のMac Proは2006〜2012年に販売されていたモデルですでに販売が終了している。販売が終了したモデルの部品をアップルは販売し続けることをしない。なので、市場では中古のグラボが取引されている。ただし、中古なのでいつ故障するかわからない。

となると新品のビデオカードが必要な場合、PC用のものを流用するしかない。

基本的はPC用のものでも動作する。価格的に純正のグラボは中古にもかかわらず比較的高価。新品のPC用グラボは比較的安価。かつ高性能。だったら、新品を使いたい。

しかし、アップル純正のビデオカードでないと、OSが完全に起動するまで画面が表示されない。起動ディスクに何かしら問題が発生した場合、他のディスクを起動ディスクに変更することが出来ない。
なので、正常に動作している場合はPC用のグラボでも構わないが、問題が発生した場合にはどうしても純正のグラボが必要になる。

新品のPC用のグラボで、非常時に起動ディスクが切り替えられるようになればすべて解決なんだけどなー。

関連:とりあえずMac Pro 2010以降のビデオカードが必要な場合はこれをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました