スポンサーリンク

メモリーの空き容量のチェックの方法!アクティビティーモニタの使い方(OSX 10.8以前)


ご注意)ここでは、OSX 10.8までのアクティビティモニターの説明となっています。
OSX10.9からアクティビティモニターの仕様が変更になっています。OSX10.9以降のアクティビティモニターについてはこちらで説明しています。


アクティビティーモニタはアップル標準のユーティリティーで、Macがどのようにメモリーを使用しているかを表示することが出来ます。 

起動方法ですが、アプリケーションーフォルダーの中のユーティリティーフォルダーの中の”アクティビティモニタ”をダブルクリックするだけです。 

起動すると、大きな画面が現れますので、中央の”システムメモリ”のタブをクリックして下さい。するとメモリーの使用状況を円グラフにて表示してくれます。 


ちなみに赤と黄色が使用されている量、青が使用される(使用された)量、緑が空いている量です。なので、緑が多ければメモリーが十分にあるといえますし、緑が少なければ不足していると言えます。 

アクティビティーモニタは常にメモリーがどのように使用されているかを表示してくれるのですが、常にウィンドウが開いていると邪魔です。ですので、Dock内で表示するように設定しても良いと思います。 

メニューの”表示”から”Dockアイコン”を選択し、その中の”メモリー使用状況を表示”を選択します。 

すると下のようにDock中に円グラフを表示してくれます。この円グラフを見ていて、緑が1割を切るぐらいになったらメモリーの購入を検討されても良いと思います(緑が少なくなったら使用していないアプリを終了してみて下さい。多少緑が増えます)。 

タイトルとURLをコピーしました