スポンサーリンク

iMac Ealry 2019のメモリーについていろいろ

2019年新しいiMacの発表となりました。

メモリーはと言うと、すべてのモデルでデフォルトで8GB(4GBx2)となっています。

アップルの仕様を見る限り、これまで通り27インチモデルのみ自身でメモリーの増設が可能とのこと。

興味深いのはその27インチモデルで、エントリーモデルの3.0GHz版はメモリーが最大32GB、その他2モデルは最大64GBまで増設可能とのこと。メモリーの最大搭載量を区別しています。ただ、実際にはエントリーモデルで64GB、その他のモデルで128GBまで増設できるのではないかと想像しています。要検証です。

アップルの営業戦略として、エントリーモデルは3.0GHzで、次のモデルが3.1GHzというちょっとの差しかないので、メモリーの搭載量で差別化を図ったということなのかと思います。

そして一番の興味は32GBモジュールが4枚で128GBまで認識できるかどうかというところです。

アップルの公式な仕様では最大64GBなので、構成上16GBが4枚となります。つまり公式には32GBのメモリーモジュールに対応していないことになっています。しかし業界では32GBが準備されているので、うまく認識することに期待が高まっています。

iMac Early 2019のメモリーに関して新しい情報が入り次第アップデートしていく予定です。

P.S.128GBを認識する模様。

タイトルとURLをコピーしました