au iPhone5の2万円のキャッシュバックは、実質1万円の価値(苦笑)

e58790a8a7f911e3817312914a2db17c_8


娘のiPhoneを契約してきたの続き。

さて、娘のiPhone 5だが、最終的な請求書が届いた。請求額は3,142円(これに2万円のキャッシュバックを頂戴しているので、それを24ヶ月で割ると毎月833円分引いた代金2,308円が実質代金ということになる)。


ご利用項目 金額(円) 内訳(円) 備考
■080XXXXXXXX 3,142
基本使用料 0
 LTEプラン 1,868
 誰でも割+家族割 -934 基本使用料の50.0%割引
 基本使用料割引額 -934 auにかえる割
オプション使用料 6,000
 LTE NET 300
 LTEフラット 5,700
 テザリングオプション 500
 オプション使用料割引額 -500 テザリングオプション無料キャンペーン
通話料/LTEプラン 20
 通話料 0
通信料/LTEフラット 0
 通信料 714,450
 LTEフラット割引額 -714.450 ご利用パケット通信料を全額割引します。
請求総額割引 -3,010
 毎月割 -1,600 2016年 1月ご請求分まで適用
 auスマートバリュー -1,410
ユニバーサルサービス料 3 1番号当たり  3円のご請求となります。
消費税額 149


この契約の半年前に妻と息子のために契約したiPhone 5の月々の請求額は2,702円。なぜ今回が3,142円と高いのかというと毎月割に差があるため。半年前は毎月割が2,039円だが、今回は1,600円と低い。つまり、月々400円ほど値上げする(値引き分を低くする)ことでユーザーから2年で1万円を多く徴収出来るわけだ。

つまり、auは赤字覚悟で2万円もキャッシュバックをしています!感を出しながら、実際には1万円の値引きしかしていないということ。さすがau。うまいことやっていると思う(苦笑)。


マックメム店長 猪川紀夫

マックとメモリーの関係

Leave a comment

Your comment