アップルが純正品だけ使わせたいわけ


MBPbattery


以前のMacBook Proのバッテリーは取り外しが出来てユーザーが交換出来たのだが、最近はねじどめされていてユーザーが勝手にネジをはずすと保証が切れるようになった。つまりアップルが認める技術者によって、アップルの純正バッテリーだけを取り付けろということ。

以前なら予備のバッテリーを持ち歩いて、交換して長時間使用を続けるなんてこともあったなーとちょっと懐かしくなったり。今はこれが出来ないので、コンセントがあるカフェが人気になったりする。

それから、iPhoneに用いられるLightningケーブル。これもiOSのバージョンによってアップルがライセンスしていないものは認識しないようにプロテクトをかけたりしている。つまり純正品だけ使いなさいということ。

多分、アップルの関連の周辺機器は中国製の粗悪品がたくさん出回っていて、それを使って本体が故障するケースが増えているのではないかと想像する。アップルとすれば、粗悪品がらみの故障でユーザーからの不当なクレームを避ける思惑なのだと思う。

ご時世なんでしょうな。

Leave a comment

Your comment