Mac Pro2006〜2008年モデルのFB-DIMM

アップルはMac Pro2006〜2008年モデルにはFB-DIMMという、今となってはちょっと特殊なメモリー(採用当時は主流になると考えられていました)を採用しました。

このメモリーは高速に動作するようにと内部で信号を補正するAMBというチップが搭載されているのですが、それが大変高温になります。動作中のメモリーモジュールのヒートシンクにうっかり触れると、やけどするぐらい熱いです。

ですので、メモリーモジュールには大きなヒートスプレッダ、というよりもヒートシンクと言ったほうが良い大きな放熱カバーがついています。

このヒートシンクにも色々な種類がありますが、写真のものが典型的なもので、色は黒。なかなかごつくて渋いです。


Mac Pro 2006/2008用FB-DIMM


メモリーが高速に動作する必要があること、ペアで増設する必要があること、そして高熱化する故に、他のメモリーと比較して寿命が短いです。使用方法や使用時間によりますが
マックメムの経験からすると、2〜3年で故障することが多いです。