Yosemiteでのメモリー容量の確認方法。メモリー増設方法もわかります。

OSX10.10 Yosemiteをはじめ、ここ最近のOSXのバージョンはメモリー容量や構成について調べる方法がわかりやすくなったのでまとめてみます。
(以前はシステムプロファイラとかを見ないとわからず、みづらかった)

1.アップルメニューから”このMacについて”を選択します。


このMacについて


2.開いた画面の上の”メモリー”というタブをクリックする。

このMacについて概要


3.するとメモリーの構成が表示されます。

このMacについてメモリー


この図では容量は16GBであり、4GBが4枚装着されていることを示しています。

ちなみに、この画面の下に”メモリーのアップグレードの手順”というリンクがあるので、クリックすると使用中の機種にあったアップルのメモリー増設方法を説明するページにジャンプします。

この機能はかなり便利。以前だとアップルのサポートページで自分の機種はどれかをチェックしなくてはいけませんでした。

また、”このMacについて”で表示される基本画面でモデル名も表示されるようになったのは大変ありがたいです。

konomac4


アップルは本体にモデル名を記載してくれていないことが多くユーザーが自分のMacはどのモデルかがわからないということが多くあったのですが、ひと目でわかるようになりました。

今回のまとめ
1.”このMacについて”を開くとモデル名やメモリーの情報がわかる。
2.メモリーの情報にあるリンクから、アップルのメモリー増設方法を説明するページにジャンプすることが出来る。