バグダッドカフェを観た。

バグダッドカフェ

「きのうDVDでバグダッドカフェ、観た。」
「それ、どんな映画?」
「うーん、説明するとすごく長くなりそ。」
「面倒くせーから簡単に言ってくれよ。」
「うーん、太ったドイツのおばちゃんが、たまたま立ち寄ったアメリカの砂漠にあるきったねカフェで巻き起こす騒動映画、かな。」
「それ映画?おもしれーの?」
「それが、不思議とおもしれー。」
「何でそれがおもしれーの?何も映画にするようないいとこねーじゃん。」
「確かに、全然いいとこねーw。」
「じゃ、なんでそんな話が映画になるわけ?」
「でも、それが不思議とおもしれーのよ。」
「だから何がおもしれーのよ?」
「うーん、何ていうか、小さい時に読んだ童話みたいな感じなのよ。」
「童話?」
「そう、童話。子供頃の話って、ただただわくわくして話を聞いてたじゃん、設定とかどうでもよくて。一寸法師がなぜちっこいのかとか、赤ずきんはなぜ赤ずきんをかぶっているのかとか、そんなこと考えなかったじゃん。内容がむちゃくちゃでも、主人公はどうなるんだろう、その先はどうなっているんだろう、ってわくわくして聞いてたじゃん。」
「確かに余計なこと考えなかった。それで楽しかったし。」
「なんかそんな感じの映画。今のハリウッド映画って、主人公がイケメンとかで、アクションして、CG使って、話をミステリアスにして、おちをつけて、それはそれで面白いんだけど、なんていうのかな〜、見ている側にすごく気を使って一生懸命喜ばせようと話を作っている感じ。だから押し付けがましいというか、疲れちゃうというか。」
「ちょっとわかる感じ。」
「バグダッドカフェは、話がとっぴだから、おばちゃんとかに感情移入するしか出来きないのよ。おばんちゃん何してんだよ、おばちゃんがんばれ、おばちゃん良かったな、とか思っちゃうわけ。ちっちゃい頃の童話の感覚を久々に思い出したってわけ。」
「童話ねー。」
「逆にこういうのが映画ってもんかな、なんて思っちゃったわけよ。でも、世の中、こんな映画ばかりだったら嫌になっちゃうけどね(苦笑)。」
マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

この新海誠が見たかった。

言の葉の庭

言の葉の庭
自分が歳をとったのか、新海誠が歳をとったのか。
でも、この新海誠が見たかった。
山本文緒というか、角田光代というか、そんな感じの大人(びた)の小説のアニメ。
実写では出来ない、アニメならでは美しさ。
映像文学と呼ぶにふさわしい作品になるのではないか。
すごく期待しています。
ちなみに新海さんは、全ての作品をMacだけで作業されています。
マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

2001年宇宙の旅やら、サマーウォーズやら。

Twitterにも書いたが、Glaxy Tabの販売差し止めの申立てをしていたAppleに対し、Samsungはスタンリー・キューブリックの2001年宇宙の旅の1シーンをもってタブレットの形状は昔から決まっていたと反論しているとか。確かに2001は本当に1960年代の映画とは思えないほどガジェットのデザインが秀逸なので、だれがデザインを模倣しても不思議はないとは思う。

 

 

さて、自分的に夏のアニメ映画の定番といえば「サマーウォーズ」。

 

キネマ旬報社が日本の歴代アニメベストテンを発表していて、トップはルパンのカリオストロの城というのはお決まりごと。で、このサマーウォーズも10位にランクイン。おめでとうございます。

 

ところがその同じ10位に「河童のクゥと夏休み」が入っているのにはちょっと、むむむな気分。どこかのサイトで評価が高かったので以前DVDを借りてこの「河童のクゥと夏休み」を観たものの尺が長いことと、落ちが今一で、私の感性にあわず。「サマーウォーズ」と全くの正反対にもかかわらず同じ10位とは。世の中には色々な感性の方がいるというを痛感。

 

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

アップルのメモリーの残念なところ

Super 8を観てきた。ちょっとネタバレ。

Super 8、あまり私の趣味ではなかったので、ちょと残念。

 

2011年版ETを期待していたが、どちらかと言えば、2011年版スタンドバイミー。オリジナルのスタンドバイミーは子供が大人になるためにちょっとだけ冒険をするという設定なのだが、スタンドバイミーにETが割って入ってくるので、冒険が大がかりになりすぎちゃって、少年たちの成長物語がかすんだ感が否めない。

 

と言ってETと親友関係になって悪い大人をやっつけるぞ!という組み立てにするにはETがでかくて凶暴すぎ(ETで感情移入ができたのは、どじでちびでぶさいくなキャラゆえに助けてやりたいと思う親心ゆえ)。

 

もったいぶってなかなか姿を現さないETはクローバーフィールド風。じらせる効果を狙ったのだとは思うけれど、その分少年たちとのからみが少なくなっちゃってETいらなくね?と思えるほど。

 

エンドロールで子供達が作った8mmの映画を上演するのだが、実はそれが一番のテーマだったような気もする。期待していなければ面白かった可能性があるので、期待せずに行ってください。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

アップルのメモリーの残念なところ

E.T.も未知との遭遇も好きなので、Super 8にちょっと期待。

Super 8、テレビのCMでTrailerを見た。気になったので、すでに上映している米国のアマゾンで実際に観た人の評価をチェック。評価はかなり高いのでちょっと期待してみたい。でさらに気になったので、Wikipediaをチェック。あらすじが載っているのでこれも読んでしまう(苦)未知との遭遇のような、E.T.のような、そんな映画の様子。って、予告編だけで十分にわかるか。

 

 

突然、猪川の好きな映画

1.経営者として:シンドラーのリスト

2.息子として:フィールド・オブ・ドリームス

3.父親として:オールド・ルーキー

4.きれいな落が好きな者として:ショーシャンクの空に

5.隣人を愛する者として:グラン・トリノ

6.人の尊厳を大切に思う者のとして:ミリオンダラー・ベイビー

7.大団円好きとして:ハッピーフライト

8.逆境にも負けない者として:フラガール

9.ルバン世代として:カリオストロの城

10.マックユーザーとして:インデペンデンス・デイ

11.その気はないけど:ブロークバック・マウンテン

12.どんでん返し好きとして:シックスセンス

13.研究者として:コンタクト

14.SFファンとして:ギャラクシー★クエスト

15.SFサスペンスファンとして:エイリアン2、ターミネーター2

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

プロジェクトN

ライトスタッフのDVDが昔のレコードのよう。

久々にライトスタッフを観たくてレンタル(買わなくてすみません)。全編190分の長編。

 

あら、DVDが1枚しかない。こんな長編DVD1枚で収まるわけながない。これはDVDのレンタルミスか!と思いきや、なんとレンタル専用裏表DVD。片面が終わると、片面をひっくり返して再度見る。昔のレコードのA面、B面のよう。

 

 

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

ザッカーバーグは王様に負け、シャマランはぶっちぎり。

2011年アカデミー賞:ソーシャルネットワークが脚色賞等の主要でない賞の3部門の受賞にとどまる。アカデミー賞って日常とは異なる世界があるんだと気づかせてくれる作品が重要かと。その意味でFaceBook創設の裏話が描かれていたがビジネス界にはありがちだし、正義か悪かよくわからない主人公のザッカーバーグに感情移入がしづらかった(そういう曖昧さが現実なのだけれど)。なので作品賞にはパンチにかけるし、男優賞も取りづらいなと思っていた。ただ、作品は過去の事件を回想録的に解き明かしてドラマティックに仕上げたということが評価されて脚色賞とか編集賞ということか。それにしても英国王のスピーチの主要4冠はすごい。観に行かねば。

 

一方でラジー賞、エアベンダーがぶっちりぎりの5冠。あまりの評判の悪さに観てもいない(苦)ナイト・シャマランはどうしっちゃったのか。彼の処女作シックス・センスは観終わった後唸ったものだが、もともとそういう監督だったのかもしれない(がっくり)。

 

プリンターが故障。すでに7年以上使用していた年代もののインクジェット。

これを機に思い切ってカラーレーザープリンターを購入。Brother社製 HL-3040CN。

プリンタードライバーも10.6対応でネットワークの設定も特になし。ケーブルつなげればすぐプリント出来た。かれこれ10年前、最初に購入したHPのモノクロレーザープリンターが10万円近くしたのに、このカラーレーザーはわずか3万円。凄い時代だと思う。

本日故障交換が1件。福岡のお客様なので、航空便で発送。もちろん往復の送料はマックメムで負担。このサービスだけでも北海道・九州・沖縄のお客様はもとが取れると思う。マックメムでは北海道・九州・沖縄のお客様にも関東のお客様にも同じサービスが提供できるように心がけけている。出来ることなら、九州と北海道にそれぞれ発送センターが持てれば最高だと思う。さらに欲を言えば関西にも1つ。マックメムの将来の夢。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

MacのメモリーテスターRember

秒速5センチメートル

新海誠監督の”秒速5センチメートル”。たまたま立ち寄った新横浜駅前の文教堂に、なぜかこの時期に秒速5センチメートルの小説版のコーナーが出来ていました。小説の出版は2007年だったと思います。いつ観ても読んでも名作ではあります。


液晶ディスプレーには映画秒速5センチメートルのエンディングで流れた山崎まさよしさんのOne More Time, One More Chanceの新海版PVがエンドレスでかけられていました。これを聴くだけでせつなくなります。

 

 

 

新海監督はマックユーザーで、PhotoshopとAftereffectを駆使して個人(+数名のスタッフ)でアニメを製作するクリエイター。その緻密さは類を見ません。マックユーザーの誇り的な方だと思います。

 

個人的には”桜花抄”で貴樹と明里が駅の待合室で再開するところと、”コスモナウト”のコンビニのシーンが好きです。

 

最近新海監督がTwitterもはじめられています。@shinkaimakoto です。

 

 

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

Rember