東北の人々は世界で一番優しい人達に違いない。

東北震災復旧

東日本大震災からちょうど2年。自分には祈ることと、ちょっとした寄付等によるサポートしか出来ない。でも、自分には大きなことが出来ないからとやめないで、小さいことでもいいのでやっていくことが大切かなと感じる。「思いだしてくれるだけでもうれしい」とTVで言っていた東北おじさんの言葉が重い。聖書の言う「良いことに飽きてはいけない」ということなんだと思う。
どこの研究だったか忘れたが、「人は深い悲しみに合うほど、他人を思いやれる能力が高まる(つまり優しくなれる)」らしい。
多くの人に「優しくなりたいですかと?」尋ねれれば、ほとんどの人がイエスと答える。では、「深い悲しみに会いたいですか?」と尋ねれば、ほとんどの人がノーと答える。優しくなりたいけれど、悲しみはいやだということ。つまり、これは泳ぎたいけど、濡れるのはいやだ、というような理屈だ(苦笑)。でもそれが自分を含め普通の人の感じる素直な気持ちだと思う。
さて、自分は昨年のクリスマスにあるイベントに参加した。それは、生まれてから一度もクリスマスプレゼントをもらったことがない、海外(日本からは東南アジア)の子供達にプレゼントを贈る「オペーレーション クリスマスチャイルド」というイベントだ。
参加といっても1000円ほどのプレゼントを持ち込んで、700円の送料を負担するというだけのことだ。自分が会ったことがないどこかの子供が喜んでくれるに違いない、と想像することしか出来ないけれど、そうだったらうれしいなと思って参加したのだ。自分の出来ることはこんなことぐらいなので。
このイベントで多くのクリスマスプレゼントが集まって、無事に東南アジア(確かインドネシア)に贈り届けることが出来たという報告を最近聞いた。
見ず知らずの子供たちにプレゼントを贈る人がまだまだたくさん日本にはいるんだという驚きがあったが、一番驚いたことは、その集まったプレゼントの4分の1が東北の人々からのものだったという事実だ。本当ならちょっとでも多く支援を受けたいと思っている立場の人達が、自分よりもっと不幸な子ども達のために役に立ちたいと思っていることが凄いなと。
深い悲しみというものは無いほうが良いと自分も思う。でもそういう深い悲しみの副産物として優しさが生み出されるとするならば、悲しみはただの悲しみで終わらない。東北の人々は日本で一番、いや世界で一番優しい人達になったんだと思えてならない。
マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

Mac miniが被災地で始動。NIFTY-Serveの復興画面に涙。

先日、お客様から安価に譲って頂いたMac miniを被災地に発送。それから、現在使わなくなったがまだまだばりばり動くHPのレーザープリンターも一緒に送る。

 

 

Mac miniを設置頂いたのは、宮城県黒川郡大衡村にある「ゴスペルタウン」という場所。文字通りキリスト教系の施設であるが、被災をまぬがれたためボランティアの方々の宿泊場所となっている。皆、朝ここから被災された場所に出向き作業をして、夕方に戻ってくる。インターネット(ADSL?)は来ているが、情報を共有できるパソコンがないということだったので、Mac miniを提供した次第。ボランティアの皆さんでご使用頂ければうれしい。特にマックを触ったことがない方には良い機会かと思う。一人でも二人でもマックユーザーになってくれれば一石二鳥。

株式会社ニフティーが創立25周年記念に昔のNIFTY-Serveを復刻。懐かしくて涙が出そう。私がまだMacに出会ったばかりの頃1990年初頭はMacの情報が本当に少なく、NIFTY-ServeのMacのフォーラムにはお世話になったなと思う。

 

 

マックピープルが届く。2ページながら、すでにiPhoneの白特集。ということは先行してアップルから関係者に評価用のiPhone白が貸し出されていたということか。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

余震ぐらいで倒れてもらっては困る!iMacガムテープ仕様。

決して大きくないが、ここ横浜でも余震が続く。先日G5が机から真っ逆さまにおちて筐体が歪んだと書いたが、iMacも画面のフロントガラスの端のほうが割れていることに、本日気づく。G5が落ちる時にかなり揺れて、となりのiMacの画面に当たったのかもしれない。これにはちょっとショック。

余震で倒れないように液晶を倒した状態でメモリーの動作テストをしてみたが面倒。しょうがないので、美しくないがiMacの脚をガムテープでべたべたに貼る。これで倒れない。

本日宅配の集荷してもらう時にヤマトのドライバーさんと荷物の配達時間の遅延について雑談。地震の影響で現在荷物のお届けの日時指定が出来ないのだが、高速道路や一般道に規制があるとか道が混んでいるというようなロジスティックな問題なのではなく、関西方面からの個人の宅配利用が多く関東圏内でそれを仕分けしきれないのだとか。関東での食料不足のおり、関西の親戚や知人から米を送ってもらう、水を送ってもらう、電池を送ってもらうということが普通にあるらしい。

何十、何百という家族が1つの営業所で受け取るということは、それが集めまってくるベースセンターは何千、何万という数になり、オーバーキャパシティーで仕分けが間に合わない。受け取る荷物の仕分けに手一杯だと、必然的には発送の仕分けも遅れ気味になり、関東からの荷物のお届けが遅れることがある。節電も大切ですけど、宅配も多少控えてくれると助かるんですけどねー、とドライバーさんの弁。

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

プロジェクトN