まだまだ売れる崎陽軒のブランド力

Unknown

崎陽軒のシウマイ弁当が60周年だとか。
40歳代以上の人ならだれでも、崎陽軒と言えば「シウマイ」と思い浮かべられるのではないだろうか。シュウマイではなく、シウマイ。自分が小学生のころはTVやラジオで崎陽軒のシウマイのCMが結構流れていた。でもなかなか食べられる機会がなく、時々おみやげにもらえると大喜び。その当時、崎陽軒のシウマイは大変美味しかった。
それで、この歳になっても(横浜市民ということもありw)時々崎陽軒のシウマイを食べる機会があるのだが、不思議なことにあまりおいしいと感じない。
崎陽軒は昔ながらのレシピーをかたくなに守り、原材料などは変えていないに違いない。では、なぜ美味しく感じないのだろう。たぶん、崎陽軒のシウマイ以上に美味しいものが世の中にあふれているせいではなかろうか。
シュウマイといえばスーパーには冷凍食品が沢山置いてあるし、同じ系統でいえば熱々の肉まんが常時コンビニで販売されている。餃子を安価で食べさせてくれるチェーン店もあるし、中華料理まで範囲を広げれば美味しいラーメン屋さんも乱立している。食べ物のレパートリーは自分の小学生の時と今では雲泥の差なのだ。もう、崎陽軒のシウマイをありがたがって食べるような時代ではないのは明白だ。
ところが、ところがだ。
時々、買い物に立ち寄る新横浜駅のおみやげコーナーに崎陽軒の弁当ブースがあるのだが、驚くことにおじさん、おばさんでいっぱいなのだ。盆暮れ正月には、帰省の人々がお弁当を買うのに行列を作ったりしている。周りにもおいしそうな食べ物屋さんがあるにもかかわらずである。崎陽軒のブランドが今の時代にもまだまだ効いているのだなと感心する。
でもたぶんだが、新幹線の中でシウマイ弁当を食べて「あれ?こんな感じだったっけ?」と期待ほどおいしくないことに気づいちゃったりするのではないかなーと想像している(苦笑)。

ガリガリ君リッチコーンポタージュが売れすぎて販売休止に思う。

ガリガリ君コーンポタージュ味

赤城乳業ガリガリ君リッチコーンポタージュが売れすぎて販売休止になったと、ネット上で話題になっている。
「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」販売休止についてのお詫び
私の全く個人的な推測だが、もともと、赤城乳業の中でこのガリガリ君リッチコーンポタージュをジョーク的な製品で、話題づくりになれば良いというような位置づけだったと思う。だって、素人目に考えて、コーンポタージュ味が主力商品になるとは思えないもの。

つまりマーケティング的に、今更ガリガリ君を宣伝するのは難しい → 何か話題の製品を開発しよう → フルーツ味やチョコレート味では斬新性に欠ける → 通常アイスにならないような食材を選択しよう → コーンポタージュ味 というような展開だったのではないだろうか。

それで、通常のマーケティングであれば、テレビ・ラジオ・雑誌等に広告を出せば良いだけだが、新製品となるとちょっと別の問題が出てくる。

1つは製造の問題、もう1つは販売の問題。

まず製造の問題。

新しい製品というのは試作以上に製造が面倒だ。主力のガリガリ君(ソーダ・レモンスカッシュ・イチゴサワー)を作っているところにコーンポタージュ味を割りこませることになる。こういう製造ラインではロット(またはバッチ)という単位で製造数が決まっていて、その単位以下では作れない。(仮に1ロットを1万本とした場合、1万本の次は2万本になるわけで、1万1000本は作れない。)

こういう製品の切り替えをすると、味が混ざってはいけないのでライン全ての洗浄が必要で、かつ原液の混ぜ方、型に流しこみ方、ラインのスピードといろいろと設定を変える必要がある。そのための手間と時間が大変なのだ。もちろんその切替作業中は製造が出来ないので売上ダウン・コストアップにもつながる。そして製造が終わったらまた主力の味に戻すのに同じ時間がかかる。少ない製造数のために、こういう時間を取られたり、工数を取られるのはメーカーは嫌がるわけだ。なので、すごく売れたので再度作りましょうとはなかなかならない、もっと大量につくれる製品なら価値があるが、ちょっとの数量では割に合わない。

次に販売の問題。

コンビニでもスーパーでも行ってアイスのコーナーを見ると色々な種類のアイスがたくさん販売されている。コーンポタージュ味がでたので、どこかに入れて下さいといいたいところだが、もうスペースがない。となると、別のアイスを追い出さなくてはいけない。で、一般的に考えられるのは、ガリガリ君ソーダ味があるところの1列をコーンポタージュ味に割り当てるようなことだ。営業的にはコーンポタージュ味が売れなかった場合、コーンポタージュ味が居座り続けることになる=主力製品の売上が落ちる、ことになるわけだ(結果的に完売で良かったけれど)。

では、ここから再製造できるかというと、かなり難しいのでは?なんて勘ぐってしまう。

なぜかというと、これは一時のブームで、再度販売した時にかならず売れる保証がないからだ。これから1ヶ月後、2ヶ月後にコーンポタージュ味が出てきて、皆買うだろうか?話題なので1本ぐらい買うけど、再度買うと思う?となると、少ないロットで製造しないといけない。そのために、主力商品を製造しているラインを割り当てる価値があるのか?

営業的な問題としては、次回販売開始時にはどのお店も欲しがるけれど、全国に十分に届けるほどのロットを作っても大丈夫なのか?あっちの店にあるのにうちには無いの?なんて言われたら、営業的に困る。人気が出る前なら、「あれは話題作りのための商品なんで、こちらのお店のお客様はハイソな方が多いので売れ筋だけにしておきますね。アイスにコンポタージュ味なんて変でしょ。」なんて詭弁を言って、置いてある店とない店があっても困らなかったはずなので。

でも、多くの店に供給できるような数量作って、どのお店でもちょっとづつ残ったら、大量の売れ残りになるし、とばっちりを食うのは主力製品のソーダ味で、ソーダ味置いてもらうスペースが減る=売上が落ちるということなので、それはそれで困るんだと思うんですよね。

予想よりも早く完売となりました。コスト的に元が取れました。マーケーティング上も大成功でした。主力製品でもありませんので真剣に作る気もありません。よって、ここでやめておきましょう。こういうもののはちょっと足りなくなるぐらいが、メーカーも買う方もハッピーです、となるのではないかと。

それでこれは全く私の勝手な推測。ラインの切り替えなんてすごく簡単かもしれないし、営業的にもそんなに大変ではないかもしれない。これからどうなるのか、乞うご期待です。

次回は、私はこれと同じ経験をPowerBook 2400のG3カードでしたので、それについて書いてみます。

マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

世界で一番タフで丈夫な男に出会う。そして冷やし坦々麺も。

街中を歩いるいると、なんと幸運なことに「世界で一番タフで丈夫」な男に出会う。

 


大岡山駅前、中華料理屋?四川の冷やし坦々麺。珍しい?ので注文してみる。麺はストレートで固めにしめてあり、冷たいスープが辛くて美味。冷やし中華だと満腹感が少ないが、こちらはスープがある分腹いっぱいになる。

 

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

生まれて初めてデーツを食す。

生まれて初めてデーツ(ドライ)を食べました。黒砂糖のようなこくとあんこの甘さと食感。これは美味しいです。

1粒約15キロカロリー。この甘さにしてはローカロリーということでダイエットにも良いようです。確かに甘すぎて5粒も食べれば満足感いっぱいです。

調べてみると、デーツとはナツメヤシの実だとか。中東地域・エジプト等雨があまり降らない地域でも育つので、作物ができない地域では大切な食物らしいですね。

マックメム店長 猪川紀夫

アップルのメモリーの残念なところ

水出しコーヒー

暑いので、アイスコーヒーが美味しい季節です。

これまで自分で濃いめのホットコーヒーを煎れて、それを氷に注いでアイスコーヒーを作っていたのですが、結構これが面倒で、飲みたい時に飲めないので、躊躇してしまうことがありました。

で、ググってみたら、水出しコーヒーなるものがあってチャレンジしてみました。これなら放っておくだけでアイスコーヒーが出来るわけですから便利です。

で、見事成功。美味しいので紹介します。(もし常識だったらごめんなさい。)

1.麦茶などを作る容器に1〜2リットル入りを用意します。

2.その中に水とコーヒー粉を適量入れる(一般に100ccに対し約12〜15gのようですが、これは好みがあるので増やしたり減らしたりして下さい。)。この時にお茶パックになどにコーヒー入れたほうが後始末が簡単ということですが、1リットルでお茶バックが何個も必要なので、お茶パックに粉をつめる手間が面倒なので、私はそのままコーヒー粉を直接容器に入れてあとでフィルターで粉を一気に取り除いています。

3.冷蔵庫に入れて待つこと数時間。飲んでおいしければ完成です。(一般的には6〜8時間程度のようです)

スタバ コールドカップタンブラー

暑い時期、アイスコーヒーがおいしい季節です。

ただ、オフィスでマグカップなどで飲んでいると、湿気がしずくになって机の上がびしょびしょになってしまいます。当然、コーヒーも温まってしまいます。

で、保冷タンブラーを購入しようかと思ったのですが、いちいち蓋を開けるタイプだと面倒なので、ストロー付きを買ってみました。

1500円也。

http://www.starbucks.co.jp/goods/tumbler.html

ガトーフェスタハラダのラスク

群馬県にお住まいのお客様からガトーフェスタハラダのラスクを頂戴しました!
T様ありがとうございました!

無茶苦茶美味しいです。私が食べたラスクの中で最高の物です。

ガトーフェスタハラダのHPです。

スタバのコーヒーを頂く

本日から梅雨入り。こういうじめじめした日には何か良い感情を起こそうと、頂戴した一杯スタバ無料チケットでコーヒーを頂くことに。本当はちゃんとお金をだすともっと感情が高まるとは思いますが(苦笑)

サイズは自由で5つカスタマイズがOKなので、ベンテサイズホット・ホワイトカフェモカ・ダブルエクストラショット・オレンジシロップ・豆乳。730円分無料也。

私のスタバデビューは遅く、2000年のサンフランシスコのマックワールドだったと思います。その当時米国ではダイナー(ファミレス)などでコーヒーといえば1ドルぐらいで、日本の喫茶店ででるような苦みのきいた代物ではなく、得体のしれない薄い味の茶色の液体という存在でした。もう麦茶とかほうじ茶という感じ。アメリカ人はよくこんなものをコーヒーだなんて言って飲んでいるものだと思っていたら、それは多くのアメリカ人自身の思いでもあったのでしょう。

スターバックスのコーヒは価格が3ドル以上したにもかかわらず店に行列が出来るような状態で売れていました。日本では喫茶店でコーヒーに500円を出す文化がありましたが、米国では3〜5ドルというのはコーヒーとしては破格な値段だったと思います。日本の感覚からすると1000円以上という感じではないでしょうか。

でも、おいしいものには適正な価格を支払うというのもまたアメリカ文化。あっという間にスタバとその価格は浸透していったのでした。