iPhone付属のイヤホンを耳にフィットさせる方法

皆さんはiPhone付属のイヤホンを使っていますか?

自分はiPhoneのイヤホンが嫌いで、別に購入したカナル型のイヤホンを使っています。

なぜiPhoneのイヤホンが嫌いかと言うと、耳にフィットしないからです。ケーブルを軽く引っ張っただけでもポロッと耳から外れてしまい煩わしく感じることが多いです。iPhone付属のイヤホンはインイヤー型で軽く耳に添えるタイプだから致し方ないと言えばそのとおりです。

私と同じように感じている方が多いのでしょう。iPhone付属のイヤホンを外れづらくする以下のようなカバーが販売されています。ただ残念ながら根本解決にはなっていません。


oyumaru01

なので、結局イヤホンが使われずに机の中にしまわれることになります。昔からiPhoneを買い替えてを使い続けている自分としては、未使用のイヤホンが増えていくことになります。捨ててしまおうかとも思うのですが、それもちょっと忍びない。

で、何かいい方法はないかと考えていたところ、面白い製品をみつけました。それがこれ、100円ショップで販売されていた「おゆまる」です(自分はダイソーで購入しました)。


oyumaru00

oyumaru0


おゆまるは子供用のねんど?として販売されているのですが、面白い特性があります。
1.シリコンのような弾力のある素材である
2.お湯等の温めると柔らかくなり、冷めると硬化する。

で、このおゆまるをお湯で柔らかくし、冷める前にイヤホンを包みこんで、それを耳に押し付けます。すると自分の内耳にピッタ入りとフィットしたイヤピースが出来上がります。シリコンのような弾力がありますので耳への装着・脱着も痛くありません。また自分の耳で型取りをしていますからちょっとした力では外れることがありません。

で、おゆまるのさらに優れているところは、一度硬化しても、再度温めると柔らかくなるところです。仮にイヤピースがうまく耳にフィットしないような場合、納得がいくまでトライし続けることが出来ます。
で、自分なりに完成させたのが以下です。


oyumaru2

oyumaru1


100円の投資でかなり使えるイヤホンになりました。同じようにお困りの方はお試しになると面白いと思います。よろしければどうぞ。

娘のiPhone 5の電池交換に行ってきた。後編

前回の続き。
iPhoneの電池交換(故障修理の場合も同様に)方法は「配送修理」か「持ち込み修理」となる。配送修理というのはアップルに宅配でiPhoneを送って修理してもらう方法なのだが、修理の日数はおよそ1週間前後ということで、正確にはいつ戻ってくるのかはっきりしない。代替機もない状態でこのご時世に1週間も携帯なしで生活するのはちょっと厳しい。ということで、現実的な選択肢としては「持ち込み修理」となるかなと思う。
「持ち込み修理」の場合、アップルストアか正規サービス代理店に直接訪れる必要がある。自分の場合は横浜なのだが、クイックガレージというお店があるのでそこに持ち込むことにした。
10時開店ということなのだが、到着が11時ごろになってしまった。すると店頭に長蛇の列が出来ていた。横浜市民がiPhoneを持ち込もうと思うと行けるお店が限られてしまうわけなので、当然の結果である。
その長蛇の列は整理券をもらうための順番待ちである。お店のスタッフがiPhoneやMacの故障の状況を聴きながら該当する整理券を発行していくのでさばくのに一人5〜10分程度かかる。それが列が長くなる理由。
自分の順番が来て簡単に電池トラブルということで話をすると、バックアップはとってあるか問われバックアップ済みの旨を伝えると整理券を発行してくれた。待ち時間は1時間程度ということであった。
店内には6名前後のスタッフがいて、大きくわけてMacの対応スタッフとiPhone対応スタッフにわかれている様子。そしてさらにiPhoneのスタッフは電池関係のトラブル対応スタッフと、一般的な故障の対応スタッフにわかれているようである。よって、その修理内容によって待ち時間が異なる。電池の交換は比較的簡単な作業のようでそれなりに人がさばけていくようだ。それでも一人15〜20分はかかっていると思う。
自分の番になり担当スタッフに症状を説明すると、アップルの診断テストをさせて下さいということでテストしてもらったところ、”電池異常なし”という結果となる(苦笑)。思い当たる節としては、朝一番でiOSのアップデータが来ていたのでバージョンアップしたところテスト結果が良く出たのか、充電機能が改善されたのかもしれない。
これは交換してくれないかな〜と思っていると、担当スタッフさんがiPhoneを何やら触りだす。もしかするとバッテリーが膨張している可能性があるので開けて見てみますという。もし膨張していれば診断結果に限らず交換するということで、バックヤードに引き上げて行った。それから10分程度後に戻ってくると膨張していたので交換してきましたとのこと。良かった〜。
とうことで、ぎりぎり1年鑑の保証期間内ということで無償交換となったのでした。めでたしめでたし。


iphonebattery

今回のまとめ
1.持ち込みは修理は混むので、訪れるのはできれば開店直後が良い。
2.iPhoneのバックアップは必ず取る。Apple IDのパスワードも覚えておくこと。
3.バッテリーが不調の場合は膨張していることもあるので出来るだけ早くみてもらったほうが良い。
4.1年間の保証期限は有効に使うべし。

娘のiPhone 5の電池交換に行ってきた。前編

先週、自分のiPhone 5が電池のリコール対象なので交換して来たばかりなのだが、娘のiPhone 5の電池の持ちもかなり悪いらしい。ほとんど何も使用していないのに半日で数%になっていたりするとのこと。
娘のiPhoneは自分のより1年後に契約をしたので、寿命と呼ぶにはかなり早いが、バッテリーは当たり外れがあるのでハズレを引いてしまったのかなと思う。
だったら交換してやろうかと思って、iPhoen 5のバッテリーをネットで検索してみると3000〜5000円ぐらいで販売されている。どのバッテリーも正規品ではない感じでちょっと怪しい感じもするが、ダメだったら再度交換しても良いと割り切ることとした。
さて、注文しようという段階になって、ある思いが突然閃いた。
「確か、娘のiPhoneの契約は昨年の年末の忙しい時にしたのだから1年保証がまだ有効なはず。」
書類を取り出してみると確かに契約は昨年の12月。ということは1年保証がぎりぎり残っている。
さて、電池の寿命というのは保証の対象なのかどうか?アップルのHPで調べてみると電池の寿命も保証の対象になるとのこと。これはラッキー。
ただ、その保証を受けるためにはまずアップルが提供する簡易テストを行い、電池の異常と判断されれば交換してくれるとのこと。
ということで以下のようなテストを行った。
Macにてアップルの問い合わせページに飛ぶと以下のページが表れるので、左上のバッテリー、電源、充電のボタンをクリックする。


iPhoneBattery1
中央に画面が展開するので、そこの右上の”バッテリーに関する質問、トラブルシューティング”というボタンをクリックする。


iPhoneBattery2
次にiPhoneに届くメールアドレスを入力して、右矢印ボタンをクリック。


iPhoneBattery3
するとiPhone宛にメールを送ったという画面が表れる。


iPhoneBattery4
iPhone側に”iOS 診断”というタイトルのメールが届くので、青いiOS 診断というボタンをクリック。


iPhoneBattery5
アップルの情報の扱いに関する細かい内容が表示されて、その下にある”簡易テスト”をクリックする。


iPhoneBattery6
その後、テスト結果によって、修理が必要か画面に表れる。
娘のiPhoneは見事に修理が必要という旨のメッセージが表れたので、修理をしてもらうことにした。
次回に続く。

日本でiPhoneのシェアが高い理由は、乗り換えってめんどくさくね?ということかも。


Android-Vs-iOS

日本のスマホ市場でiPhoneのシェアは5割で米国よりも上だとか。なぜなんだろう?
ブランド好きの日本人が、Appleが好きってのはあるかもしれない。
でも、これは個人的な意見だけど、忙しい日本人には手間暇かけてアンドロイドに乗り換えるほど強烈な魅力がないからじゃないかと思う。
人間は今の状態のままが良い、変化を好まない。簡単に言えば変化がめんどくせーって感じる生き物だ。現状維持バイアスなんていう業界用語があって、人は変化が生み出す将来の結果よりも、現状のほうが良いに違いないと偏った考えをしてしまう傾向がある。
では、どのくらいの良い変化がもたらされるなら、変化を受け入れてみようかと考えるかというと、2倍とか3倍らしい。ということは、iPhoneからアンドロイドに乗り換えるには、アンドロイドに2〜3倍の魅力が必要ということになる。
画面が大きい、(アップルに制約されない)特定のアプリが使える、電子マネー機能が使える、価格が安い、等々確かに良さそうな面は多い。でも、iPhoneからのデータ転送、アプリの再度のダウンロード、使い方の習熟にかかる時間等々を考えると、それらを補って余りあるほどの魅力は、一般のiPhoneユーザーは感じないんだろうなと思う。
結局、乗り換えってめんどくさくね?ということで多くの人は再度2年契約するのであった(苦笑)。

au iPhone5の2万円のキャッシュバックは、実質1万円の価値(苦笑)

e58790a8a7f911e3817312914a2db17c_8

娘のiPhoneを契約してきたの続き。
さて、娘のiPhone 5だが、最終的な請求書が届いた。請求額は3,142円(これに2万円のキャッシュバックを頂戴しているので、それを24ヶ月で割ると毎月833円分引いた代金2,308円が実質代金ということになる)。

ご利用項目 金額(円) 内訳(円) 備考
■080XXXXXXXX 3,142
基本使用料 0
 LTEプラン 1,868
 誰でも割+家族割 -934 基本使用料の50.0%割引
 基本使用料割引額 -934 auにかえる割
オプション使用料 6,000
 LTE NET 300
 LTEフラット 5,700
 テザリングオプション 500
 オプション使用料割引額 -500 テザリングオプション無料キャンペーン
通話料/LTEプラン 20
 通話料 0
通信料/LTEフラット 0
 通信料 714,450
 LTEフラット割引額 -714.450 ご利用パケット通信料を全額割引します。
請求総額割引 -3,010
 毎月割 -1,600 2016年 1月ご請求分まで適用
 auスマートバリュー -1,410
ユニバーサルサービス料 3 1番号当たり  3円のご請求となります。
消費税額 149

この契約の半年前に妻と息子のために契約したiPhone 5の月々の請求額は2,702円。なぜ今回が3,142円と高いのかというと毎月割に差があるため。半年前は毎月割が2,039円だが、今回は1,600円と低い。つまり、月々400円ほど値上げする(値引き分を低くする)ことでユーザーから2年で1万円を多く徴収出来るわけだ。
つまり、auは赤字覚悟で2万円もキャッシュバックをしています!感を出しながら、実際には1万円の値引きしかしていないということ。さすがau。うまいことやっていると思う(苦笑)。

マックメム店長 猪川紀夫
マックとメモリーの関係

い、いまさら、iPhone 4Sのプロモーションって(苦笑)

top_iphone4s
 
現在、2014年3月。iPhone 5c/5sが販売開始が昨年の9月なので、すでに6ヶ月が経過。
そんな状況でソフトバンクからiPhone 4Sのプロモーションのおしらせが届く。

え?4S?iPhone 5ではなくて、2世代前のiPhone 4S?(苦笑)

よほど在庫が残ってしまって困っているのかしらん。
このプロモーションでは新規・乗り換え・機種変更どの場合でも2万円キャッシュバック。それから、4Sのパケット定額が4200円で、5Sよりも安い以前の料金プランのままになっている(5Sが高すぎるのではないかと思わなくもない)。
◆iPhone 4s(16GB)月々のお支払イメージ(目安)(※1)
機種代金/賦払金(24回分割※2)   1,480円
ホワイトプラン(i)         980円 〔934円〕
S!ベーシックパック(i)       315円 〔300円〕
パケットし放題フラット       4,410円〔4,200円〕
月月割(最大24ヵ月間)      -1,480円 (※3)
──────────────────────────────
★毎月のお支払額       ⇒  5,705円(※4)
うーん、小ぶりのiPhoneが好きという方には良いかも。
申し込みはこちらからだそうです。
マックメム店長 猪川紀夫
マックとメモリーの関係

娘のiPhoneを契約してきた。

iphone5

ソフトバンクのiPhone 4の2年契約が終了したので、娘のiPhoneをauで契約してきた。ぶつはiPhone 5。本来ならiPhone 5s/5Cにしたいところだが、iPhone 5の在庫処分の一括0円+2万円のキャッシュバック(16GBの場合)に負けた。
今年の5月に妻と息子のiPhone 5を契約した時は一括0円だけだったので、7ヶ月で2万円分価値が下がったということ。
さて、今回の契約内容は以下のとおり
1.他社からの乗り換え
2.auの通話定額(通話定額24と通話ワイド24)への加入
3.Apple Care+への加入
4.auの4つの有料パス(スマートパス・ビデオパス・うたパス・ブックパス)への加入
5.その他の5つの有料コンテンツへの加入
帰宅直後にApple Care+以外全てキャンセル(Apple Care+をキャンセルしていないのは店頭でないとキャンセル出来ないため)。
このうち、au通話定額24・auの4つの有料パスは最初の月は無料なので、当月にキャンセルすると全く費用がかからない。
一方で、費用がかかるのは
・通話ワイド24  980円
・Apple Care+  408円
・有料コンテンツ 315円x5個
 合計約3000円
今回、5月の契約の時と違って通話ワイド24の980円が余計な出費であったが、キャッシュバックがあるので良しとする。
来月は事務手数料や機種割引が適用されないのでそれなりの大きな額になるが、2ヶ月後から3,000円弱の請求になるのではないかと想像している。また正確な数字が出てきたら掲載したいと思う。
いづれにせよ、安くiPhoneを持ちたい人は、iPhoen 5の在庫があるうちは大変お買い得だと思う。またお店によってはiPhone 5Cも一括0円をしていることがあるので、それも同様にお買い得です。
マックメム店長 猪川紀夫
 
アップルのメモリーの残念なところ

アップルのOSX 10.9 Mavericksを無料化戦略。iPhoneが人質なので強気なのかも。


Marverics

OSX 10.9 Mavericksがリリースされた。
今回のアップグレードはメジャーアップグレードだが無料。無料でやっていけるのか?的な話がネット上で持ち上がっているが、個人的にはアップルらしい戦略だなと思っている。
無料化の一番の理由は新しいハードウエアを購入させることに違いない。
通常最新のOSというのは最新のハードウエアに最適化されている。メモリーも沢山食うし、処理能力も必要とする。なので、古いMacユーザーが10.9をインストールすれば微妙に遅くなったと感じてしまうはず。新しい機能が導入されているのでしかたないかもしれない。(2007年以前のMacユーザーはアップグレードさえ出来ない)
そんなOSならわざわざバージョンアップしなければ良いじゃんと思うかもしれない。個人的には10.8でも十分満足しているし。ところがここはアップル、iPhoneを人質に取っているのですよ。
Macのユーザーの多くはiPhoneを使用していて、iPhoneをiTunesを利用してシンクロするのだが、そのうち10.9でしか動作しないiTunesをリリースして来るだろうなと思う。iPhoneのiOSも進化してるのだが、新しいiOSは新しいiTunesでないとシンクロ出来ないことにしてしまえば、ユーザーは嫌でも10.9をインストールしないわけにはいかない。2007年以前のMacユーザーは新しいMacを購入しなくてはいけなくなる。
iPhoneを多少使い勝手が悪くても単体で使用するという覚悟があれば、10.9を入れなくても良いのだが、そこまで頑なに拒むようなことでもないし。
これはアップルのユーザーいじめというよりも”新しい時代には最新のハードと最新のOSをどうぞ”とお勧めしてくれているぐらいに考えれば気持ちよく新しいMacを購入できるんでしょうね。あ〜結局アップルの思う壺w。
マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

iPhone 5s/5cが発表で、iPhone 5の一括0円が盛況の様子


Unknown

9月11日にiPhone 5s/5cが発表となった。auやSoftbankのiPhone 5の在庫はどうなっているのかとネットを徘徊してみると、いろいろなショップでMNP一括0円やっている様子。在庫まだまだあるということですね。中にはiPhone 4sの在庫もあるようで、こちらはMNPでなくても一括0円になる感じ。でもいまさらiPhone 4っていうのはないよなとは思う。
iPhone 5s/5cでなくて良いというのなら、iPhone 5の一括0円悪くない選択だと思います。
(追加)
10月14日現在、なんとiPhone 5投げ売り状態!近所の正規のauショップを通りかかると16GBモデルが一括0円に2万円のキャッシュバックのセールをしていたのだが、ネットでチェックしてみると非正規店では一括0円に5万円とか7万円のキャッシュバックをしている。auの在庫がかなり余っちゃっているのかもしれない。
(追加)
11月18日現在、iPhone 5cでも一括0円が始まった模様。iPhone 5c 16GBが一括0円にキャッシュバック1万円〜がついている感じです。Docomoも参入したので、もしかしたら各社在庫がかなり余っているのかも。
NAVERまとめにあった情報にリンクしておきます。
妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その1
妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その2
妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その3
妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ
妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ2
マックメム店長 猪川紀夫
 
OSXでのメモリートラブルの謎

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ2

その1その2その3おまけの続き。
結局これが最終的な請求額2702円。
今月は通話料が20円入っているので、通話がなければは2600円台ということになる。
(通話はau間昼間、au家族間24時間、無料)
 

ご利用項目 金額(円) 内訳(円) 備考
■080XXXXXXXX 2,702
基本使用料 0
 LTEプラン 1,868
 誰でも割+家族割 -934 基本使用料の50.0%割引
 基本使用料割引額 -934 学割(学生)
オプション使用料 6,000
 LTE NET 300
 LTEフラット 5,700
 テザリングオプション 500
 オプション使用料割引額 -500 テザリングオプション無料キャンペーン
通話料/LTEプラン 20
 通話料 20
通信料/LTEフラット 0
 通信料 99,024
 LTEフラット割引額 -99,024 ご利用パケット通信料を全額割引します。
請求総額割引 -3,449
 毎月割 -2,039 2015年 6月ご請求分まで適用
 auスマートバリュー -1,410
ユニバーサルサービス料 3 1番号当たり  3円のご請求となります。
消費税額 128

 
iPhone 5sが出るまではまだまだキャンペーンをしているはずなので、よろしければ是非。
マックメム店長 猪川紀夫
 
マックとメモリーの関係