ジョブズ曰く”iPodはソフトウエアだ。”

iPodはソフトエウアだ!

昨晩、NHKスペシャル”メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ”観た。なぜソニーはアップルになれなかったのか?というテーマでiPodとウォークマンの闘いについて描かれていた。
というか、内容を観る限り、ソニーはウォークマンのシェアにあぐらをかいて闘っていなかった感じ。たぶんソニーとしては、オーディオ機器についてはソニーのほうがずっと上、という見下した感があったのではないかと思う。インタビューを聞いていてもiPodの危機感がなかったもの。
iPodが成功した理由について、生前のジョブズのコメントも紹介されていて、彼が”iPodはソフトウエアだ”と言い切っていたのが大変印象深かかった。
つまり、それまで日本メーカーがポータブルオーディオ機器をたくさん世に出していたものの、音楽を送るための適切なソフトウエアが無かった。そこで、ジョブズはiTunesを作り(もともとはサウンドジャムMPを買収したのだけれど)、iPodへ音楽を簡単に転送出来るようにした。
そして、音楽を転送させるだけではなく、そこで販売してしまおうとiTunes Storeまで開いてしまった。つまり消費者は面倒くさがりで、自動で音楽をシンクロしてくれるシステムを好むし、音楽がそこで買えれば買ってしまうだろうと、ジョブズは考えたわけだ。まさにその戦略通りになったのだ。
ソニーは音楽部門を持っていたのだが、自社の音楽販売だけにこだわったり、MDの販売の邪魔をしないようにネットでの音楽販売に力をいれなかったり、違法コピーが出来ないようにプロテクトを強化したりして、結果ユーザーはウォークマンを使うのがかったるくなってしまったわけだ。自社(または自社グルーム)の利益優先で、ユーザー目線が失われてしまったことが敗因ということになるのかなと思う。
それにしても、”iPodはソフトウエアだ”という言葉は今も生きていて、”スマホはソフトウエアだ”であり、”パソコンはソフトウエアだ”でもあると思う。画面の大きさだけを自慢しているスマホとか、色々な機能が搭載されていることをうたっているパソコンは、自分は使う気にならない。ハードとソフトのトータルで考えて、どれだけ”らくちん”なのかが、自分の価値観だからだ。
P.S.林のびさんも、わずかな時間だったが登場されていた。iPod,iPhoeともにメジャーなジャーナリストになったなと感慨深い。
本日21時から第二部が放映されるのが楽しみです。
マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

ジョブスの肉声を直接理解出来ることは幸せです。

3月3日、曇り時々晴れ。大倉山駅前、お寿司屋さんと和菓子屋さんが向かい合わせで、ひな祭り商品の呼びこみでその近辺だけが大盛り上がり。

iPad 2の発表。ジョブスは痩せていたが元気そうなのにはほっとした。しかしいつ聞いても彼のプレゼンは素晴らしい。壇上で彼が噛んだのを見たことがない。あの病状でいつどうやって練習やリハをしているのか全く不思議。英語がちょびっとわかるものとして彼の肉声を直接理解出来ることは幸せ。

で、自分はiPadを持っているものの、(自分にとっては)使い勝手が良くないのでMacBook Air派になった身としては、薄くなっても軽くなっても当分購入はしない予定。

昼からジョギング。軽いペースで4.5キロ。現在の走る時のハードウエアの相棒はiPhone 4とSONYのBluetoothレシーバーDRC-BT30P/WにSONYのイヤホン(型番不明)をつないでいる。iPhoneとの相性ばっちり。iPhoner4をポケットにいれた状態で音が途切れることは全くない。ただ本体が思いの外大きく(単三電池級)多少の重みもあり、その割にクリップのはさむ力が弱いので、走るような上下運動で簡単に外れる。ランナーからの要望としてこれだけは改善して欲しい。通勤とかには十分なのあとは思うが。

なぜBluetoothレシーバーかというと、iPhoneに直接イヤホンをさすとケーブルが腕にからまり邪魔だから。本当はiPod miniを胸元ににつけてイヤホンを挿すのが一番楽なのだが、これまでiPod miniを夕立の雨の雫で2台をおしゃかにしてしまったので、もう買わない。アウトドアでのエクササイズには多少の防滴は必要と悟った。アップルのデザインでは防水・防滴は無理。

SONYのBluetoothのヘッドセットDR-BT160ASも使っていたが、これは電池の充電できなくなったため廃棄。本当は電池交換して使いたかったのだが、ソニーのサポート曰く電池交換は出来ませんとのこと。電池の寿命のたびに製品を買い換えるというコンセプトはこのエコの時代には無し。ケーブルは不要だし、感度も良かったのに残念。

マックメム店長 猪川紀夫

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

iPod Shuffle用リモコンアダプター購入

第2世代iPod Shuffleが故障しました。ジョギング中に雨が降り出して、決して激しい雨ではなかったのですが、たぶん数滴水がコントロールボタンから中に入ったのでしょう。ジリジリというノイズ音とともに再起不能となりました。結構簡単に壊れてしまってショックでした。

iPod Shuffle(2nd Gen)以前壊れたピンク、今回壊れた青。ともに水滴による故障と思われる。

私はこの第2世代iPod Shuffleの操作性が直感的なのでジョギング用として愛用していたのですが、すでにどこにも販売されていないので、再購入を断念しました。

で、これにかわるものとして第3世代のiPod Shuffleを使うことにしました。ただ難点はコントローラー付のイヤホンでないといけない点です。iPod付属のイヤホンは耳からはずれやすいので使えないことと、代替用に買ったアップル純正のインイヤー式ヘッドフォンはケーブルが長くて走るにはちょっとうっとうしいのでした。と言ってiPod Shuffleのためだけに新しいイヤホンを購入したくありません。

トリニティー社iPod Shuffle 3rd Gen用リモコンケーブル

で、私がこれまで使っていたSonyのイヤホンを使うためのアダプターを購入しました。トリニティー社のリモコンアダプター、ビックカメラで1980円でした。

イヤホンとケーブル

ケーブルが45cmとちょっと長いかなという気がしますが、機能としては申し分ありません。良い買い物だったと思います。

100円のUSB充電用電池ケース

100円ショップに乾電池式のUSB充電用電池ケース(?と呼ぶのだろうか)があったので、ふと買ってみました。

batterybox1

batterybox2

プラスチックのボディーをあけて2本の単三電池を入れてみました。ここでは充電可能なエネループを使っています。

batterybox3

800mAの出力がないとiPhoneへの充電は出来ないのでNGでしたが、iPodへの充電可能でした。この製品のターゲットはDSやPSPや携帯ユーザーのようですね。

batterybox4

batterybox5

100円のコストパフォーマンスとしては100点だと思います。単三電池を持ち運ぶ時にばらばらにならないように、電池ホルダーとして持っていても損はないと思います。

マックメム店長 猪川紀夫

削除してしまったPodcastファイルを再ダウンロードする方法

iTunesには誤って削除してしまったPodcastファイルを再度ダウンロードする機能がありません。
このような場合、これまではiTunes Storeの登録してあるPodcastページに行って、再度ダウンロードすることができたのですが、最近のiTunes Storeは仕様が変更になってしまってダウンロードすることが出来なくなってしまいました。

そのため、ダウンロードする方法を探ったところ、簡単な方法でダウロード出来ることがわかりましたので、まとめておきます。

簡単に言えば、一度Podcastの登録を解除して、再度登録すると再度ダウンロードが可能となります。登録を解除するとこれまでダウンロードしたデータが消えてしまうのではないかと恐かったのですが、既存のデータがなくなることはありませんでした。

以下がスクリーンショットです。
1.dpost.jpポッドキャストの113回のファイルがあります。

podcast1

2.113回のファイルを誤って削除してしまいました。

podcast2

3.iTunes左下の登録解除ボタンを押します。

podcast3

4.iTunes右上の登録ボタンを押します。

podcast4

5.削除されているファイルがダウンロード可能となります。ファイル右側の入手ボタンを押すだけです。

podcast5

マックメム店長 猪川紀夫

GRIFFIN PowerDock4を購入

iPodやiPhoneの充電で机上がごちゃごちゃになっていまして、それを解決するためにGRIFFIN PowerDock4を購入を購入してみました。

iPhoneをはじめ、ほとんどのiPodが装着できるので便利です。出来ない機種のほうが少ないくらいで、私が持っているもので充電できないのはiPod Shuffleぐらいです。

ただこの製品は充電機能しかないので、データの転送のために従来通りMac本体にUSB接続をして行う必要があります。欲を言えばUSBケーブル1本で4台のiPodと接続できれば最高なのではあります。

RIMG0105.JPG

RIMG0107.JPG