30歳おめでとう、Macintosh。


mac30th_birthday

Mac誕生から30年が経ったとのこと。米国アップルのHPにはお祝いの特別ページができている。
自分が最初に出会ったMacは大学の教授が持っていたSEだった。学校の演習用のマシンはApple IIeだったから、Appleの上位の製品にはすごく憧れた。学生には高くて手が出せないのだけれど。彼のSEの9インチの白黒の画面にはフライングトースターが飛んでいた。高さ30cmぐらいの小さいパソコンに精細なグラフィック機能があることが驚異的だった。
大学のプログラミングの授業で使っていたのはUNIXで、黒い画面に緑の文字でコマンドを入力しないといけなかったけれど、Macはマウスで操作が出来た。今では当たり前だけど、30年前はそんな技術すら珍しかった。
アップルの動画にあるように、パソコンに縁がなかったアーティスト達がMacという新しいツールを手に入れて、自分達を表現していったことがよく分かる。よくPCとMacがどっちがすごいみたいな議論があるのだが、専門家でないと使えないPCと違って自分たちのようなアーティストでもMacなら使えるということで、彼らは大喜びだった。今では同じことがPCでも出来るようになっているけれど、その時の経験があるから今でもアップルはアーティストに感謝されている。
今後、アップルはMacをどう展開していくのか?さらなる発展に期待。
マックメム店長 猪川紀夫
 
深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

App Store以外のアプリを簡単に開く方法


Rember_128

マックメムで配信しているメモリーテスターのRember(開発:Kelly Computing)を開く時に、ユーザーのセキュリティーの設定によっては以下のようなメッセージが出て開けないことがある。

cantopen

これは、怪しいアプリを開かないようにするシステム環境設定の”セキュリティー”機能の設定によるものだ。

security

”すべてのアプリケーションを許可”を選択すれば、Remberが開くのだが、実際に怪しいアプリを開くためのセキュリティーが甘くなる。といって、アプリをダウンロードする度にセキュリティーを変更するのも面倒くさい。
この点で、お客様よりご指摘頂いて、コンテクストメニューから開くほうほうで解決出来ることをご連絡頂いた。方法は超簡単。
マウスの右クリック(又はコントロール+左クリック)で以下の図のようにコンテクストメニューを開き、”開く”を選択するだけ。その後に、開いても良いですかというメッセージウィンドウが出てくるので、開くとすればOK。

remberopen

私はこの方法を知らなかったので、大変勉強になりました。ありがとうございました。
マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

そんなに削除しちゃって大丈夫かいな?


trash

定期的にタイムマシンでバックアップをとっているのだが、その外付けハードディスクがいっぱいになってきたので、古いデータ数カ月分を消したところ、どんどん消されていって、遂にはマイナスの値になった。マイナスの値になっても止まることなくひたする消去し続けるので「おいおい、大丈夫かそんな消しちゃって」と、ちょっと冷汗。
ただ、これはバックアップ用のハードディスクなので、いざとなれば初期化して再度バックアップを取りなおせば良いだけなので放っておくと事に。結局マイナス値になってから、30分ほどで消去終了。
その後、特に問題なく使用出来ている。良かった、良かった。
マックメム店長 猪川紀夫
 
アップルのメモリーの残念なところ

MacBook Airでドヤ顔って言っているのは誰?

mba_sutaba

前回のブログで「MacBook Airを使っている奴はドヤ顔していると言われている」と書いたが、それを言っているのは誰なのか?ふと考えてみた。
自分の場合、スタバでMacBook Airを使っている人を見て思うことは「お、13インチだな」とか「軽くて使いやそうだな」とか「傷がついてなくて綺麗に使っているな」とかで、決して「ドヤ顔してやがる」とは思わない。なんていうか、マックユーザー同士の仲間意識的な好意的な気持ちでチラ見していることが多い。たぶん多くのマックユーザーは同じ感じではないだろうか。
であれば、「MacBook Airを使っている奴はドヤ顔している」と言っているのは、PCユーザー。Macを使ったことがないPCユーザーがMacBook Airのデザインに嫉妬して、それを使っているMacユーザーを「自分をカッコよく見せるために使っている」と決めつけてやっかんでるだけじゃん(苦笑)。
マックユーザーはMacが使いやすいので使っているのが実情だと思うのだけれども。
ま、外ではシェアが90%のPCユーザーを敵に回している完全アウェー状態なので致し方ないことなのかな。
マックメム店長 猪川紀夫
 
マックとメモリーの関係

MacBook Airでドヤ顔って言われてもねー(苦笑)。

mba_sutaba

最近はすっかりMacBook Airと言えば”ドヤ顔”という言葉が定着した感じ。
ロケットニュース24に至ってはランキングまで作ってくれっている(苦笑)。
「スターバックスコーヒーで MacBook Air をドヤ顔で広げている人が多い店ランキングベスト3」
自分は全くMacBook Airを使う時にドヤ顔をしているつもりはないのだが、傍から見るとそう見えるのかしらん。時々「ドヤ顔してんじゃねーぞ」という敵意むき出しの視線を感じることがある。
ということで最近、人が多くいるところででMacBook Airを使うのがちょっと憂鬱だったりする。
マックメム店長 猪川紀夫
 

デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

今更ながら、スタバのインスタントコーヒーVIAを飲んでみた。

via

Macのネタでなくて恐縮ですが、今更ながら、スタバのインスタントコーヒーVIAを飲んでみた。
なぜこんなものを手に入れたかと言うと、うちの妻がスタバの福袋を購入したら入っていたから(苦笑)。
自分は欲しいもの以外は不要なので福袋が嫌いなのだが、妻と娘は大好き。何が入っているのかわからないわくわく感とお得感が良いのだとか。アップルの福袋のために泊まりこんでいる人もいたりするので、福袋は好きな人には楽しんだろうなとは思う。ビジネス的にはとってもうまいと思う。
自分が思うに福袋が人を惹き付けるのはお得感以上に、失う損失の痛みゆえではないかと思ったりする。人は得をする喜び以上に、失う損失の痛みを過剰に評価するという研究があるのだが、福袋は数量限定、または期間限定なので、今買わないと無くなってしまうという恐れが購入衝動として表れるのではないかと思う。
さて、そのスタバの福袋に入っていた、インスタントコーヒーVIA:コーヒーエッセンス コロンビアなるものを始めて飲んだ。感想はというと、

ちょーうまい!

私の舌には、スタバのドリップコーヒーと言われてもわからないぐらい。全くインスタントとは思えない。下手な豆からいれたコーヒーよりもずっとおいしい。もうびっくり。さすがスタバだなと感心した。
福袋には自分では決して買わないものが入っているので、それを試せるという意味では悪くないなと思った次第。
マックメム店長 猪川紀夫
深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。