Air Pods Pro

Air Pods Pro

Air Pods Pro

【アップルお手柄】ヤマハノイキャンイヤホン参入はAirPods Proのハイエンド戦略の結果・技術勝負時代の幕開け

アップルのお手柄です!ヤマハがワイヤレスイヤホン市場に参入できるのはAirPods Proで市場を広げた結果です。アップルの戦略は2つで価格とハイエンドモデルの投入でした。中華製の安売りイヤホンが跋扈する中で3万円という基準を作り他メーカーのコストが見合うようになりました。また音響メーカーは音質で勝負ができます。
Air Pods Pro

【装着感の向上は当然】おゆまるならさらに向上するぞ!Air Pods Proにイヤピースがついた理由・

Air Pods Proにイヤピースがついて装着感が高評価です。既存のAir Podsにはなかったのはデザインにこだわったからではないかと想像しています。光沢のある丸みのあるデザインが最終形態なのでしょう。イヤピースはその意味でダサい。でも遮音のため、紛失防止のために必要だったと思われます。
Air Pods Pro

【本当に高評価?負け惜しみじゃね?】AirPods Proを購入した人と購入できない人の負け惜しみ合戦

ツイッター上にAirPods Proを早速購入した人達から続々と高評価のツイートが上がっています。ただ、こういう高価な製品のレビューは額面どおりでない可能性があります。購入した人が「価格の割に自分の望むような音質ではない」と感じた時に、そのもやもや感を解消するために過剰に高評価をして自分に言い聞かせることがあります。
Air Pods Pro

《八村塁が選んだナイキ》1988年メジャーブランドの起爆剤となったレボリューションのハイエンド戦略

1980年代バスケットボールシューズ業界はアディダス・コンバース・ナイキが競っていました。コンバースがウエポンというシューズでシェアトップになります。ナイキはレボリューションというハイエンドモデルを投入してシェアを奪い返します。そのレボリューションの価格は一般的なシューズの3倍、他社のハイエンドの2倍の価格でした。
Air Pods Pro

【価格27,800円の秘密】AirPods Proは高額なのがミソ。これでAirPodsのほうが売れ出す。

ノイズキャンセリング機能搭載のAirPods Proが発売となりました。価格が27,800円と高額です。この価格には3つの意味があります。1つはBOSEよりも良い音響機器メーカーとなるため。次にノイズキャンセリング機能が欲しい人なら高くても購入するため。そして最後に既存のAirPodsのセールスを伸ばすためです。
Air Pods Pro

《iPhoneのイヤホン装着感アップ》おゆまるで出来る!自分の耳で型をとる世界で1つのイヤピース

iPhone付属のイヤホンが使いづらい!そんなお嘆きのかた、おゆまるでイヤピースを作ってください。自分の耳に押し当ててを型を取ることが出来るので最高にフィットしたイヤピースが出来上がります。これさえあればイヤホンが耳から落ちることがなくなります。世界で1つのイヤピース、おすすめします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました