ファイルが上書き保存出来ないのはちょっと困る


itextpro4

日常に記録を取るのにiText Proというリッチテキスト型のエディターを使用している。
このiText Proの便利な点は、原稿用紙やキャンパスノート等のテンプレートがある点だ。一般的なエディターだと白紙に横書きというワンパターンでいかにもコンピュータで入力してる感じで味気ないが、このテンプレートを利用すると、あたかも原稿用紙に文を書いたり、ノートに記録をとっているように感じることが出来る。かなりお気に入りのアプリだ。

itextpro2

で、そのiText ProがYosemiteアップデート後に”上書き保存”が出来なくなった。別名での保存は可能なので、別名で保存後に元のファイルに上書きすれば大丈夫なのだが、ちょっと不便。
なので、iText Proのアップデートを待っていたのだが、一向にアップデートされる気配がない。iText Proの最後のアップデートが2011年4月なので、かれこれ3年以上も前になる。そもそもメーカーはこれ以上手を加えるつもりはないのかもしれない。エディターの役目というのはほぼ決っているわけで、アップデートを繰り返して進化していくものでもないのだから、放っておかれるのは致し方ないのかも。
しょうがないので、だましだまし使っていると、アップルからOSXのアップデータがリリースされた。そして10.10.1になったら上書き保存が出来るようになった。どうも上書き保存が出来ないという問題はiText Proの問題ではなくて、OSXの問題だったようだ。
これで保存も出来るようになったと喜んでいたのだが、何かのタイミングでうまく保存が出来なくなることもある。原因不明。OSXの10.10.1でもまだ問題があるのかもしれない。次のアップデータまで引き続きだましだまし使うことにする。
追記 12/10
iText Pro 3.4.5がリリースされて問題が完全に解消されたようです。

Yosemiteでのメモリー容量の確認方法。メモリー増設方法もわかります。

OSX10.10 Yosemiteをはじめ、ここ最近のOSXのバージョンはメモリー容量や構成について調べる方法がわかりやすくなったのでまとめてみます。
(以前はシステムプロファイラとかを見ないとわからず、みづらかった)
1.アップルメニューから”このMacについて”を選択します。


このMacについて

2.開いた画面の上の”メモリー”というタブをクリックする。

このMacについて概要

3.するとメモリーの構成が表示されます。

このMacについてメモリー

この図では容量は16GBであり、4GBが4枚装着されていることを示しています。
ちなみに、この画面の下に”メモリーのアップグレードの手順”というリンクがあるので、クリックすると使用中の機種にあったアップルのメモリー増設方法を説明するページにジャンプします。
この機能はかなり便利。以前だとアップルのサポートページで自分の機種はどれかをチェックしなくてはいけませんでした。
また、”このMacについて”で表示される基本画面でモデル名も表示されるようになったのは大変ありがたいです。

konomac4

アップルは本体にモデル名を記載してくれていないことが多くユーザーが自分のMacはどのモデルかがわからないということが多くあったのですが、ひと目でわかるようになりました。
今回のまとめ
1.”このMacについて”を開くとモデル名やメモリーの情報がわかる。
2.メモリーの情報にあるリンクから、アップルのメモリー増設方法を説明するページにジャンプすることが出来る。

娘のiPhone 5の電池交換に行ってきた。後編

前回の続き。
iPhoneの電池交換(故障修理の場合も同様に)方法は「配送修理」か「持ち込み修理」となる。配送修理というのはアップルに宅配でiPhoneを送って修理してもらう方法なのだが、修理の日数はおよそ1週間前後ということで、正確にはいつ戻ってくるのかはっきりしない。代替機もない状態でこのご時世に1週間も携帯なしで生活するのはちょっと厳しい。ということで、現実的な選択肢としては「持ち込み修理」となるかなと思う。
「持ち込み修理」の場合、アップルストアか正規サービス代理店に直接訪れる必要がある。自分の場合は横浜なのだが、クイックガレージというお店があるのでそこに持ち込むことにした。
10時開店ということなのだが、到着が11時ごろになってしまった。すると店頭に長蛇の列が出来ていた。横浜市民がiPhoneを持ち込もうと思うと行けるお店が限られてしまうわけなので、当然の結果である。
その長蛇の列は整理券をもらうための順番待ちである。お店のスタッフがiPhoneやMacの故障の状況を聴きながら該当する整理券を発行していくのでさばくのに一人5〜10分程度かかる。それが列が長くなる理由。
自分の順番が来て簡単に電池トラブルということで話をすると、バックアップはとってあるか問われバックアップ済みの旨を伝えると整理券を発行してくれた。待ち時間は1時間程度ということであった。
店内には6名前後のスタッフがいて、大きくわけてMacの対応スタッフとiPhone対応スタッフにわかれている様子。そしてさらにiPhoneのスタッフは電池関係のトラブル対応スタッフと、一般的な故障の対応スタッフにわかれているようである。よって、その修理内容によって待ち時間が異なる。電池の交換は比較的簡単な作業のようでそれなりに人がさばけていくようだ。それでも一人15〜20分はかかっていると思う。
自分の番になり担当スタッフに症状を説明すると、アップルの診断テストをさせて下さいということでテストしてもらったところ、”電池異常なし”という結果となる(苦笑)。思い当たる節としては、朝一番でiOSのアップデータが来ていたのでバージョンアップしたところテスト結果が良く出たのか、充電機能が改善されたのかもしれない。
これは交換してくれないかな〜と思っていると、担当スタッフさんがiPhoneを何やら触りだす。もしかするとバッテリーが膨張している可能性があるので開けて見てみますという。もし膨張していれば診断結果に限らず交換するということで、バックヤードに引き上げて行った。それから10分程度後に戻ってくると膨張していたので交換してきましたとのこと。良かった〜。
とうことで、ぎりぎり1年鑑の保証期間内ということで無償交換となったのでした。めでたしめでたし。


iphonebattery

今回のまとめ
1.持ち込みは修理は混むので、訪れるのはできれば開店直後が良い。
2.iPhoneのバックアップは必ず取る。Apple IDのパスワードも覚えておくこと。
3.バッテリーが不調の場合は膨張していることもあるので出来るだけ早くみてもらったほうが良い。
4.1年間の保証期限は有効に使うべし。

娘のiPhone 5の電池交換に行ってきた。前編

先週、自分のiPhone 5が電池のリコール対象なので交換して来たばかりなのだが、娘のiPhone 5の電池の持ちもかなり悪いらしい。ほとんど何も使用していないのに半日で数%になっていたりするとのこと。
娘のiPhoneは自分のより1年後に契約をしたので、寿命と呼ぶにはかなり早いが、バッテリーは当たり外れがあるのでハズレを引いてしまったのかなと思う。
だったら交換してやろうかと思って、iPhoen 5のバッテリーをネットで検索してみると3000〜5000円ぐらいで販売されている。どのバッテリーも正規品ではない感じでちょっと怪しい感じもするが、ダメだったら再度交換しても良いと割り切ることとした。
さて、注文しようという段階になって、ある思いが突然閃いた。
「確か、娘のiPhoneの契約は昨年の年末の忙しい時にしたのだから1年保証がまだ有効なはず。」
書類を取り出してみると確かに契約は昨年の12月。ということは1年保証がぎりぎり残っている。
さて、電池の寿命というのは保証の対象なのかどうか?アップルのHPで調べてみると電池の寿命も保証の対象になるとのこと。これはラッキー。
ただ、その保証を受けるためにはまずアップルが提供する簡易テストを行い、電池の異常と判断されれば交換してくれるとのこと。
ということで以下のようなテストを行った。
Macにてアップルの問い合わせページに飛ぶと以下のページが表れるので、左上のバッテリー、電源、充電のボタンをクリックする。


iPhoneBattery1
中央に画面が展開するので、そこの右上の”バッテリーに関する質問、トラブルシューティング”というボタンをクリックする。


iPhoneBattery2
次にiPhoneに届くメールアドレスを入力して、右矢印ボタンをクリック。


iPhoneBattery3
するとiPhone宛にメールを送ったという画面が表れる。


iPhoneBattery4
iPhone側に”iOS 診断”というタイトルのメールが届くので、青いiOS 診断というボタンをクリック。


iPhoneBattery5
アップルの情報の扱いに関する細かい内容が表示されて、その下にある”簡易テスト”をクリックする。


iPhoneBattery6
その後、テスト結果によって、修理が必要か画面に表れる。
娘のiPhoneは見事に修理が必要という旨のメッセージが表れたので、修理をしてもらうことにした。
次回に続く。

Mac Pro2006〜2008年モデルのFB-DIMM

アップルはMac Pro2006〜2008年モデルにはFB-DIMMという、今となってはちょっと特殊なメモリー(採用当時は主流になると考えられていました)を採用しました。
このメモリーは高速に動作するようにと内部で信号を補正するAMBというチップが搭載されているのですが、それが大変高温になります。動作中のメモリーモジュールのヒートシンクにうっかり触れると、やけどするぐらい熱いです。
ですので、メモリーモジュールには大きなヒートスプレッダ、というよりもヒートシンクと言ったほうが良い大きな放熱カバーがついています。
このヒートシンクにも色々な種類がありますが、写真のものが典型的なもので、色は黒。なかなかごつくて渋いです。


Mac Pro 2006/2008用FB-DIMM

メモリーが高速に動作する必要があること、ペアで増設する必要があること、そして高熱化する故に、他のメモリーと比較して寿命が短いです。使用方法や使用時間によりますが
マックメムの経験からすると、2〜3年で故障することが多いです。

Mac Pro用の長いタイプのメモリーとヒートスプレッダ

現在Macで使用されている長いタイプのメモリー(ロングDIMM)はMac Proだけとなっています。かつてデスクトップと言えばロングDIMMだったのですが、四角いiMacになってから短いタイプの採用となり、唯一Mac ProだけがロングDIMMを使用しています。
写真はMac Pro用DDR3 ECC DIMMですが、放熱のためのヒートスプレッダが付いているものと付いていないものがあります。DDR3 ECC DIMMは発熱量がそれほど大きくないので、ヒートスプレッダがなくても熱暴走が起きるようなことはないのですが、hynix等一部のメーカーは装着しています。


Long DIMM for Mac Pro

このhynixのヒートスプレッダですが、シルバーに朱色のhynixのロゴがなかなかかっこ良いです。11月17日現在このhynixのメモリーが6本程度在庫がありますが、次回の入荷はいつになるかわからないのがちょっと残念ではあります。

メモリー基板の色も色々

一昔前にはメモリー基板と言えば緑色というのが当たり前だった。
なぜ緑色なのか?緑だと基板上お細かい部品が映えて検査がしやすりからとか、ソルダレジストと言う絶縁塗料の価格が一番安いから、なんて言われているが正確なことはわからない。
でも、その当たり前がちょっとづつ変化してきている。
最近は深い青、深い茶色などの基板も目につくようになった。それが、かっこいいのだ。


メモリーの色

メモリーってMac内部に取付けてしまえば見えるものではないので、そんなに飾る必要はないのだけれど。

Yosemite入れたら、メモリーがどんどん減っていく〜

OSX 10.10 Yosemiteをインスト―ルして1週間程経過しました。個人的に使用しているマイナーなアプリが動作しなくなったりでちょっと後悔したりもしましたが、大きなトラブルはないので良しとします。

ただメモリーを消費しますねー。現在自分のメインMacはiMac Mid 2010なのですが、16GBを入れていてもすぐに1/4は無くなってしまいます。


yosemite-memory


Yosemiteは新しいメモリー管理のロジックが採用されていて、使用していない部分を圧縮して空き領域を増やしてくれるらしく、確かにメモリーが残り1/4程度になるとメモリー空き領域が増える感じがします。

Yosemiteのメモリー圧縮


だからと言ってどんどんメモリーを消費しちゃっていいわけないです。空き領域が減ってくるとアプリの切り替え等でレインボーカーソルがぐるぐる回ってけっこう待たされたりする可能性が出てきますから、メモリーはどんどん載せるのが正解な感じです。

自分が今メインに使っているiMacはMid 2010なので、最高に載せても16GB。最近のMacは32GBが載るので、Yosemiteではそれがデフォルトになるかな〜と感じています。