2002-06

植物の話

遠藤のモバイルガーデン:東南アジアからの手紙。芳香剤としてのソリザヤノキの種子

ある喫茶店のトイレのポプリのかごの中に赤く染められたソリザヤノキの種子を見つけました。高価なバラのかわりに増量剤として使われているようです。ソリザヤノキの種子は、飛私の背の高さからでも10m程度は軽く飛んでいきます。しかし大空を飛ぶかわりに、東南アジアからはるばる東京の喫茶店までやってきたのです。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:ワールドカップと牛たん弁当

植物学者の遠藤さんによる、ほっこりする、やさしい植物解説ブログ。植物を通してみる私達の世界は興味深いです。ワールドカップを観戦の帰りの新幹線で食べた牛タン弁当についてきた割り箸がカナダ産のアスペン材でした。アスペンとはヨーロッパヤマナラシといって、ヤナギ科のポプラの仲間の木を指していることがわかりました。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:カエデの茎をかじったのは誰?かすかな甘さのある茎を狙

都内の小学校の移動教室に「植物の先生」として参加しました。場所は山梨県北巨摩郡高根町です。ハイキングで新しいカエデの葉がたくさん道に落ちていることに気づきました。不思議なことにカエデの葉についている茎がありません。葉の付け根にかじられた跡がありました。茎にはかすかな甘みがあり、それを狙っている小動物が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました