スポンサーリンク

《オンラインパチンコは違法?》海外に設置すれば日本の規制に縛られないかも

オンラインパチンコ

オンラインパチンコ・パチスロの存在

実機によるオンラインパチンコ・パチスロの存在を最近知りました。

オンラインパチンコは合法なのか? 運営元の会社を直撃してみた | 日刊SPA!
家にいながらネット経由でパチンコ、パチスロを打ち、玉やメダルをポイントとして獲得。そのポイントは景品と交換……。近未来型のパチンコ、パチスロサービスが開始!?と業界で話題のオンラインパチンコ・アミュ…

パチンコ・パチスロは日本独特のギャンブルなのですが、どんどんと利用者が減っているそうです。パチンコ店は利用者が減っているために最近では十分な利益を上げることが出来ずに潰れるところが多いようです。
 

パチンコ・パチスロが人気がなくなった理由

パチンコが人気がなくなったのは、日本のいろいろな規制によるものだとか。

調べてみると、店はパチンコの釘を触ってはいけない、射幸性を煽らないように出玉は特定の確率で出さないといけない等々。パチンコやパチスロ台も特定な数量で出るような設計されていないといけないとか(この辺については詳しく知りません、ごめんなさい)。

いづれにしてもパチンコ店をする上で、いろいろと規制をクリアするための審査があり、それを定期的に行うなど小難しい手続きがあるわけです。

でも、この規制は《日本》でパチンコをするための条件なので、日本以外に台を設置して、オンラインでやれば問題がないのでは?と素人は考えてしまうわけです。
 

オンラインカジノ

実際にネット上にオンラインカジノがあり、日本からでもプレーが可能です。日本人がプレーするのは違法?それとも合法?という質問に対してグレーということらしいです。

であれば、同じギャンブルであるパチンコ・パチスロを海外に設置して、それをネット上でやれるようにすれば、日本の規制を受けずにどんな台でもOKになりますよね?

日本人がオンラインカジノでルーレットやブラックジャックをするのは慣れていないので敷居が高いですが、パチンコ・パチスロならちょっとやってみようかなという気になると思います。

規制を受けて廃盤になったパチンコ・パチスロ台がいっぱいあるわけですから、二束三文で買ってきて、海外に輸出して設置する。パチンコなら釘だって触り放題だし、パチスロならどんな設定にしてもOKでしょう。

パチンコ店なら開店・閉店時間がありますが、ネット上なら24時間いつでも自由なので、深夜にちっとやってみたいという人には便利です。

パチンコ台からどれぐらい玉が出ようが出まいが、それは利用者が見極めれば良いこと。射幸心を煽る煽らないという問題は、ルーレットやブラックジャックだって同じような問題があるわけで、ギャンブルをする限りはいたしかたありません。

換金は可能かどうか?ビットコインのようなデジタル通貨で支払えば、問題ないような気もしますがどうなんでしょ?

でも、ここまですれば離れていったパチンコ・パチスロファンが戻ってくると思います。業界としてはありがたいのではないでしょうか。

でも、そんなことはメーカーや大手パチンコ店はとうに考えているでしょうから、それをやらないというのはリスクが大きいのでしょう。
 

最後に

このブログでは決してギャンブルをおすすめしているわけではありませんが、規制によってがんじがらめの制度がネットによって開放されるのは良いことだと考えます。

これから5Gの世界になると、遠隔操作が手元にあるような感じ(液晶モニターの向こうに手をのばして実際にパチンコ・パチスロをシているぐらいのレスポンス)で動作すると言われていますから実現したら楽しいでしょうね。
 

 

タイトルとURLをコピーしました