【アップルイベントマンネリ化】クルマがだめならせめてロボットぐらい作ってはいかが?

アップルのイベントは既存製品の改良版の発表会

残念ながら、もうわくわくしなくなりました、アップルのイベント。

昔は徹夜してでも観てましたが、今ではまとめサイトの情報で十分な感じです。

ジョブスが亡くなりし後、新しくできた製品がアップルウォッチだけ。

確かにiPhoneもiPadも素晴らしいけれど、もう市場にスマホもタブレットも溢れていて新鮮さがありません。

アップルならなにか新しいものを作ってくれるはず!と期待しちゃう自分がいるわけです。
 

異業種への参入が肝だった

アップルの新製品ってジャンルを飛び越える面白さでした。

アップルはパソコンメーカーなのにそんなことやっちゃうの?的な驚きがありました。
 

iPodで音楽産業へ参入

最初はiPod。アップルが突然音楽業界に飛び込んでいったわけです。

その当時音楽業界はCDやMDというようなメディアに録音して聴くことが普通だったところを、メモリーに音楽を取り込むという方法で大量に音楽を持ち歩くことができるようになったわけです。

ソニーなどの音楽を売りにしていたメーカーはCDやMDやメディアの売上が減少することに気兼ねしてMP3プレーヤーに参入しなかったところを、部外者のアップルが参入してその市場をかっさらったわけです。
 

iPhoneで携帯電話産業へ参入

次にiPhone。今では当たり前のスマホという概念を作ったのもアップル。そのiPhoneによって今のスマホ文化ができたと言っても過言ではありません。

それまでの携帯電話というのは、字のごとく電話機能がメインで、通話以外にはショートメッセージやメールぐらいしか出来ませんでした。

携帯電話でのネット接続は回線スピードが遅くてつなげる気にもなりませんでした(パケット料金も高かったし)。せいぜい天気予報をみたりするぐらいだったような。

今のような液晶を搭載したスマホはiPhoneが初めてでした。
 

iPhoneアプリでスマホ市場が急成長

たぶんアップルはiPhoneを”iPodに携帯機能をつけたら売れるだろう”ぐらいの思惑でリリースしたのでしょう。

事実、ソフトバンクの孫さんの発言でもそう語られています。

ところが様々なアプリが開発されたことでスマホ市場が躍進します。

動画閲覧、ゲーム、文字ベースのTwitterや写真ベースのInstagramなどのSNS、LINEのようなチャット、キャッシュレスで支払いができるQRコード決済などなど。今の世の中にスマホはなくてはならない存在となりました。

世界中でスマホのアプリが使われることで通信料金も安くなるという良いスパイラルも生まれました。

iPhoneの登場当初、アップルの予想もしていなかったほどにスマホ市場が発展を遂げわけです。

で、次は?

で、次を期待しているわけです。

ちょっと前にアップルはテスラのように電気自動車を作るという話がありましたが、正式に取りやめを発表しています。

自分は電気自動車に特別に興味があるわけではありませんが、アップルが作るなら何か新しいことをしてくれるのではないかという期待がありました。

で、最近ソニーが電気自動車のプロトタイプを出して話題になっていましたが、その程度のことはアップルもやればいいのになんて思います、お金があるわけなのだから。

で、こうなれば勝手な意見ですが、アップルの次の異業種参入はロボットあたりはいかがでしょ?

アイボのような愛玩ロボット、ルンバのようなお掃除ロボット、ペッパーのような話ができる人型ロボット。どれをとってもまだまだ改良の余地がありそう。

アップルのアイデアとお金でもっと人の役に立つようなロボットでもつくってくれたらちょっとはワクワクしそうだと思う次第です。

タイトルとURLをコピーしました