脱「ひとり勝ち」文明論 清水浩 その2

この本の骨子は以下の通りです。

現代文明の問題点は以下の3つ
○環境問題
○温暖化問題
○エネルギー(不足)問題
これらは20世紀の文明で発生した問題。

これらの問題の大きな原因は”石油”である。石油燃焼による二酸化炭素を含む排ガスによる環境への影響や温暖化現象、そして将来の石油不足。

石油の使用目的は大きくは以下の4つ
火力発電、自動車、製鉄所、暖をとる。

これらは全て太陽エネルギーで代替が可能である。

地球の表面積の1.5%に太陽電池をパネルを貼れば世界中70億人がアメリカと同等のエネルギーを使えるようになる。表面積の1.5%というのはアメリカ合衆国の面積の5分の1。日本の面積の5倍。地球の砂漠の7%分に相当する。

これはある意味大きなプロジェクトであるが、人類は万里の長城などを作ってきたのだから、世界的なプロジェクトとして行うことは可能であるはずである。

太陽エネルギーは半永久的無尽蔵なため、石油を持っている国、買える国だけのひとり勝ちがなくなり、現在の貧困にあえぐ国も豊になることが出来る。エネルギーがあれば水を引き、肥料を作り、手作業から機械を使った耕作が可能になり生産性が上がる。貧困がなくなると手作業が必要な地域の人口爆発も減る。

そして二酸化炭素排出量0である。

ゆえに環境に優しく、全人類に優しいエネルギーである。

太陽エネルギーでの課題
1.ソーラーパネルの価格が高い
現在のソーラーパネルが高価なため、設備投資の回収に20年かかる。現在日本における太陽光発電での総発電量は1万分の1だが、これを千分の1にすると価格が半減、さらに百分の一(つまり1%)までにするとさらに半減。5年間程度までに下がる。このレベルになると、電気の製造コストが火力発電と同等になるので、普及に拍車がかかり、さらにコストが下がる。

2.電気を全国的、全世界的に送るシステムがない
晴れた場所で発電を行い、雨や曇りの場所に電気を送るシステムを作る必要がある。これはすぐには実現出来ないので、長いスパンで検討の必要あり。

まだ続きます。

脱「ひとり勝ち」文明論 清水浩 その1

脱「ひとり勝ち」文明論 清水浩

5

読んで本当にすがすがしい気持ちになりました。エネルギー危機の世の中にあって、いやいや世界の未来は明るいぞ!と思わせる1冊です。太陽電池や電気自動車について具体的な指針が示されていて、この通りにやったら本当に地球上から貧困が消えるかもしれないと思えてきます。

何をどのように書いてよいのかあまりに多くて書ききれない感じです。また後ほど書きますが、とにかく読んでいただきたいです。

脱「ひとり勝ち」文明論 清水浩 その2

iTunes9でミニプレイヤーにする方法

1

iTunes8でウインドウの緑ボタンを押すと上のようなミニプレイヤーになったのですが、iTunes9では中央にウィンドウが表示されるだけで小さくならなくなりました。たぶんiTunes8をしていた多くの方はこのミニプレイヤーにしているのではないかと想像します(そうでないと画面が占拠されそれ以外の作業が出来ないですから)。とは言え、今更ミニプレイヤーのためだけにiTunes8に戻すわけにもいきません。

で、調べたらやりかたありました。

オプションキー+緑ボタン

でした。

ほっとしました。

<後日談>iTunes9.0.1で修正され、単純に緑ボタンでミニプレイヤーになるようになりました。ただのバグだったようです。

ねずみの嫁入り

1

以前このブログで紹介したマウスやら、他のマウスを試したのですが、結局MS Intelli Mouse Optical USB/5ボタンを越えるマウスが見つからず、逆戻りして使っています(泣)。

このマウスは、私の手の大きさに丁度良いことと、進む、戻るボタンが両サイドにあって押し間違うことがありません。またスクロールホイルーのまわり感というのが全く私好みです。

だったらずっと使っていれば良いのに、と言う声が聞こえて来そうですが、乗り換えが必要なのにはわけがあります。

Microsoftはこのマウスの10.5,10.6用のドライバーをリリースしていないのです。なので、進む、戻るボタンが使えないのです。これはWeb閲覧をする上で結構致命的です。いちいちSafariのウィンドウの左上までポインターを移動させて前後しないと行けないわけです。

でもこの機能さえ無視して良いのなら、このマウスフィーリングは最高です。入出力装置ってこういうフィーリングが命かなと思います。

アップルからMacBook Proが戻ってきた。

apple

AppleからMacBook Proが戻ってきました。

診断の結果は”メモリーの不具合”ではないかとことでした。

2段あるメモリースロットの下段がメモリーを認識しなくなったので修理に出したのですが、
1.アップルのメモリーを下段に装着したところ正常に認識した。
2.マックメムのメモリーを別のMacBook Proで試したところ認識しない。
ゆえにメモリーの不具合ではないかということでした。

でも、この説明はすごくおかしいんです。なぜかと言うと、戻ってきたマックメムのメモリーを下段に装着すると見事に認識し正常に動作するのです。つまりメモリーの原因ではないわけです。もちろん発送前に正常に動作するメモリーを装着して送ったのですから当然なのです。

となると、
1.修理はしていないが、ブロワーなどでメモリースロットのごみを取り除いたら直ってしまった。
2.修理をしたが、説明が面倒なのでメモリーの原因にした。
3.修理をしたが、内部の事情で内緒にしている。
いづれにせよ直ったので良いのですが、事実と違う(?)ということにアップルのサポートに不信感を持ってしまいます。

マックメムのお客様同様なケースでアップルに修理に出されて、メモリーの不具合ですとアップルから回答されれば、アップルのサポートを信じると思うのです。そしてお客様はマックメムにメモリーの交換を依頼します。本来ならそのメモリーを装着するば元に戻るものを交換品が届くまでメモリーのない状態で愛機を使わなくてはいけないのですね。すごい無駄だと思います。

ということで結論はでませんが、世の中全てのことを鵜呑みしてはいけないのかな?と思う次第です。

Newton MessagePad 130

newton

アップルのラボの棚にNewton MessagePad 130が置いてありました。
蓋の上にNew!なんて書かれたシールがそのまま貼られているのはすごいことだと思います。
Newtonでネット接続できればApple Tabletとなる感じです(苦笑)。

Appleのテストラボに行ってきました。

初台のオペラシティーにあるアップル本社の一角に互換テストするためのラボがあります(使用するためにはDeveloperの有料登録をする必要があります)。

そこに伺って、Snow Leopardとマックメムの4GBのモジュールが正常に動作するかを確認してきました。

結果としては正常に動作しました。が、ただ3GBまでしか認識しなかったMacが4GBを認識するとか、6GBまでしか認識しなかったMacが8GBまで認識するというサプライズはありませんでした。

ラボの内部は撮影禁止なのでお見せすることが出来ず残念ですが、全てのマックが棚に並んでいるのは壮観です。一台一台が販売された当時のOSで動作するように整備されています。

MacBook Pro/Mid 2007が修理へ

MBPM2007

愛機のMacBook Pro/Mid 2007がアップルに修理に行きました。Snow Leopardインストール後に1つのスロットが故障?し認識しなくなりました。Snow Leopardとは無関係な感じがしますが、原因は不明。購入から1年半程度経過していますが、幸いアップルケアに入っていたので無償で修理してもらえそうです。

さて本日9月9日米国でアップルは何を発表するのでしょうか。うわさではiPodとかiPhoneの大きい版が出てくるとか出ないとか。楽しみです。

MacBook Pro/Mid2007に10.6で大トラブル!

MacBook Pro/Mid2007に10.6をインストールしました。当初は正常に動作していました。
で、OSが64bit化になったので、ひょっとしてメモリーが8GBを認識することはないかとテストをしました(苦笑)。
一度電源を落として4GBのメモリーを2枚装着したところ、なんと起動画面のまま起動しなくなりました。その後外付けのHDから起動したところ、なんと
内蔵ハードディスクが壊れている!それもディスクユーティリティーでも復旧出来ないほどの致命的な壊れ方!

しょうがないので、内蔵ハードディスクを交換し、10.6をインストール。そして再度8GBに増設したところ、同じくハードディスクが壊れました!
当初はただOSのインストールのタイミングで、たまたまハードディスクが故障したものと想像していたのですが、OSが起動時に何かのファイルの更新がうまく出来ず、そのタイミングで強制終了するとハードディスクが認識されなくなるということになります。
これは私のMacBook Pro/Mid2007だけで起きる問題なのか、それとも2008モデルやiMacでも発生する問題なのか、現在検証中です。
現在4GBのメモリーの販売を一時中止しています。すでにご購入頂いたお客様には10.6のインストールは必ずバックアップをとってから行って頂くようにご連絡をしております。