妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その2

前回の続き。

ちょっと、その前にショップ選びについて補足。

Twitterにセールをしているお店やセールの情報があることが多いと書いた。

それで、Twitter上の検索窓から「au iPhone 一括」というようなワードで検索すると全国の安売りケータイショップが見つかる(グーグルだと見つからないことがある)。ここで現在の全国的な相場を把握して、次に検索窓から「au iPhone 一括 XX」(XXには地元の名前を入れる)で検索してみると自分の地域周辺での相場や安売りをしているショップが見つかると思う。


twitter
5.ショップ訪問
実際に隣町のケータイショップに足を運んでiPhoneを一括0円で購入したい旨を伝えた。

自分「TwitterでiPhoneをMNPの学割で一括0円で購入出来ると書いてあったので来ました。」
店員「息子さんは何歳ですか?」
自分「中学生です。」
店員「中学生ですとご本人に来店いただかないと学割ではご契約になれないんです。」

orz。あえなく撤退。

ソフトバンクの時は息子がいなくても息子の身分証明書(保険証や学生書)だけで契約出来たのだけれど、auが厳しいのか、ソフトバンクの時は息子が小学生だったのでOKだったのか?

で、調べてみると、auは12歳以上の学生は当人が来店する必要があって、ソフトバンクは代理人でもOKという感じ(の様子)。ただ、これはお店によって対応が微妙に違うようなので、契約を考えているお店に電話等で尋ねたほうが間違いはないと思う。

ただ、うちの場合はちょっと問題で、息子は部活をしており、平日も週末も自宅に戻るのが18時頃。その後塾に行く日もあるわけで、いつでもケータイショップにいけるわけではない。また、お店に行けたとしても19時頃になり、それからiPhoneの契約となると1時間程度かかるはずので、そんな時間に息子と街中をプラプラしていたくない。そういう時間的な制約から、息子出向かなくても良いお店が望ましい。

そこで、別のいくつかのケータイショップに問い合わせてみると「保険証と学生書があれば学生様ご本人がいらっしゃらなくても親御さんだけで契約出来ますよ」というお店が見つかった。よかった。ということで、そのお店に保険証と学生証、そして自分の免許証を持って伺ったところ問題なく契約することが出来た。

6.契約
iPhoneのMNPによる乗り換え+学生割引であれば、一括0円で契約が出来るのだが、その他にちょっとした条件が追加されている。

「auオプション」の加入と、「有料コンテンツ」の購入である。

まず、「auオプション」であるが、
1.LTE NET/LTEフラット(パケット定額5775円/月)
2.AppleCare+(382円/月)
3.au通話定額24(500円/月)
4.auスマートパス(390円/月)
5.auビデオパス(590円/月)

1については必要なので契約はするが、2〜5については不要なので契約時に加入はするが、自宅に帰ってキャンセルを行った。3〜5についてはネット上”auお客様サポート”にて解約手続きが行える。大変簡単。2のAppleCare+の解約はについてはauショップにて手続きの必要がある(auに電話をしたら電話では解約できないのでauショップで御願いしますとのこと)。auショップであればどこでも良いようだ。

2〜5についてはiPhone本体が無料なわけだから2000円程度の出費は致し方ないと思っていたが、なんと3〜5は登録後1ヶ月無料ということで1ヶ月以内のキャンセルであれば全く費用が発生しないということで、支払うのは1と2の費用だけとなる。

次に「有料コンテンツ」であるが、私が契約したお店では3つコンテンツの購入を義務付けていた。お店によって5つであったり、10個であったり、全くなかったり様々なのでこれも契約前に問い合わせておくと良い。

自分は「NAVI TIME」「駅探」「ASK Doctor」を購入。それぞれ月額利用料315円。合計945円。不本意であるがせっかく購入したで1ヶ月使用してもよいのだが、来月にキャンセルするのを忘れると悔しいので、すぐにキャンセル手続きをした。こちらはiPhoneのSafariからそれぞれにアプリのHPに入って、退会手続きをするだけ。1コンテンツ5分程度でキャンセル出来る。これも難しくない。


containts
その他の費用としては、事務手数料3,150円とソフトバンクに支払うMNPの転出費用2,100円ということになる。

契約時間としては30分程度。その後1時間ほどで開通となった。

次回に続く。

マックメム店長 猪川紀夫

デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

1 Comment

kじ6月 14日 2013年 at 20:30

大変参考になります。ありがとうございました。

Leave a comment

Your comment