スポンサーリンク

安売りショップでメモリーを買う場合のチェックポイント

最近DDR3のメモリーがかなり安価になっている。エルピーダ等の経営問題で、メモリーチップが暴落しているためだ。

価格.comでチェックすると安売りのショップでは8GBが3千円前後で販売されていたりする。正直なところうちのような店には痛いが(苦笑)消費者にとってありがたいと思う。OSXでMt.Lionの時代メモリーが4GBでは少ないぐらいで、8GB程度増設してもおかしくないぐらいだ。

それで、ここから商売抜きで、私が個人でメモリーを購入するならどうするか。正直な話をしたいと思う。

もし自分程度にハードウエアについてわかっている人間であれば、こういう安価なメモリーは買いだと思う。
考えられるリスクとしては
1.初期不良
2.故障時の交換
がある。

まず、安価なメモリーは初期不良のため、最初から動作しない可能性がある。私の経験では1割以上不良であってもおかしくないように思う。Mac ProやMacBook Proなどに2枚ペアで購入すれば故障率は倍になる。

なので、初期不良の場合、交換は販売店なのか、メーカーなのかチェックをすること。
秋葉原等にちゃんとしたお店を構えているようなところであれば、ちゃんと交換してくれるような気がするが、通販だけでやっているようなお店、特にメモリー以外にPCやら家電を販売しているようなお店だとメモリーに詳しくないので交換を渋るかもしれない。なので、価格コムの販売店の評価などを参考にして販売店は決めると良いと思う。

また、メーカーでの交換であれば、メーカーが日本の会社であるか、海外メーカーでも日本に支店や代理店があるかチェックすること。しっかりしているメーカーならば文句を言わずに交換してくれるように思う。ただ、購入して全く動作しないメモリーが交換されて戻ってくるまで1週間とか2週間かかる可能性があり、その間ちょっといらいらするかもしれないし、交換が遅い場合、本当に戻ってくるのか心配になったりするかもしれない。

あとはメモリーは消耗品のなので、使用開始から1年とか2年とか3年で不調になってくることがある。その時にすんなりと交換してくれるかどうか。

完全にメモリーが認識してくれなくなればよいが、時々認識して時々認識しないとか、長時間使っているとメモリーが不安定になるというような場合、故障がみつかりませんなんて言われれて交換してくれないとちょっと困る。交換してくれないからといって、使えば不安定になるのだから、再度使うわけにもいかない。

そうであれば、ここは割りきってメモリーの価格が数千円なので、そのメモリーは捨てて、買い換えるというのは手だと思う。

この時に大切なのは、不調の原因がメモリーであるかどうか、自身で判断できるかどうか。逆に、ご自身で不調の理由がメモリーのせいなのかどうかわからないよう方はマックメムのようなMacやメモリーに詳しいお店で購入するほうが安全かなと思う。

また仕事でご使用で、不調の場合は迅速な交換が必要というような場合もマックメムで購入する価値があると思う。プロのデザイナーさんや写真家さんが、自身でメモリーのチェックをするのに何時間もかけるとその分の時給はうん万円にもなるでしょうし、メモリーの価格を数千円けちって仕事に穴をあけたら目もあてられないですから。

逆に言えば、プロでもない、趣味でMacを使用していて、ハードウエアもそれなりに知っていて、メモリーの故障も判断できる人は、安価なメモリーは絶対に買いだと思う。どしどし8GBメモリーを装着して頂ければと思う。

タイトルとURLをコピーしました