スポンサーリンク

Apple Diagnosticsの使い方を解説。 ネットがあればMacの故障診断が自分で出来ます!

Apple Diagnosticsとは

Apple DiagnosticsはMacのハードウェアの故障診断をして、問題があれば解決策を示します。

2013年6月以前に発売されたMacでは、CDを使ってApple Hardware Testを行っていましたが、
それ以降のMacではネットでテストを行うことが出来るようになり、大変便利になりました。

Apple Diagnosticsはハードウェアの問題を発見し故障箇所を特定する診断テストです。

Apple Diagnosticsの使い方

1.ディスプレイ、キーボード、マウス、ネット接続、AC電源だけ接続します。それ以外のデバイスをすべて取り外します。

2.Macをシステム終了します。

3.Macの電源ボタンを押し、すぐにキーボードの”D”キーを押したままにします。
  その後、言語の選択画面が表示されるので、キーを離してください。
  言語が認識されると、プログレスバーが表示されます。

4.診断に数分かかります。Apple Diagnosticsで問題が見つかった場合は、  推奨する解決策とリファレンスコードが表示されますのでリファレンスコードを書き留めておいてください。

6.以下のいずれかのオプションを選択します。
 ・テストを繰り返すには「テストを実行し直してください」をクリック、または”⌘ + R”キーを押します。

 ・詳しい情報を確認するには「開始する」をクリック、または”⌘ + G”キーを押します。

 ・Macを再起動するには、「再起動」をクリック、または”R”キーを押します。

 ・システム終了するには、「システム終了」をクリック、または”S”キーを押します。


「詳細情報を確認する」を選択した場合、再起動後、国または地域の選択画面が表示されます。

「同意して送信」をクリックして、シリアル番号とリファレンスコードをアップルにに送信します。

次に画面に表示される修理サービスとサポートの手順にそって操作します。
終わったら、アップルメニューから「再起動」または「システム終了」を選択してください。

タイトルとURLをコピーしました