マックメムメモリ販売中

フレッツ光の光ファイバーケーブルを延長してみた。

オフィスのレイアウト変更と光ケーブル

オフィスのレイアウトを変更する必要があって、それにともない回線終端装置(ONU)の位置を変更することとなりました。
 
オフィスの壁に設置されている光回線のアウトレットとONUは光ファイバーケーブルで接続されているのですが、これが5m程度しかありません。たぶんこれはNTTが提供している標準の長さのものなのかなと思います。
 

ケーブルと工事代が高額

これを延長して欲しい旨をNTTに頼んだところ、工事が必要で技術料とケーブル代でだいたいX万円の費用がかかると言われました。ケーブルを取り替えるだけにこの料金は納得がいくはずがないので、なんとか自分でできないかとぐぐってみました。
 
するとアマゾンで光ファイバーケーブルが安価に販売されているのを発見しました。欲しい長さが10m。
 
NTT フレッツ光 ONU ルーター対応とうたっているものが 4,370円。
 

アマゾンでケーブルを探す


アマゾン全体で見ると、一般的な光ファイバーケーブル10mの相場は1,500円前後の模様。
 


そして、最安値は5m、350円!安い、こんなに安くていいのでしょうか!?
 

早速取り付け

このケーブルは、既存のNTTの5mのケーブルに、5m延長して10mにするタイプのものです。
 
レビューを見ると、うまく接続出来ない、回線速度が落ちたというような否定的なものが多いのです。さて、どうしようかと思ったのですが”この価格ならうまく動作しなくても良い”とダメ元で購入してみました。
 
翌日に届いたので早速、装着することにしました。
 

右が既存のNTTの光ファイバーケーブル、左の青いケーブルが購入したものです。真ん中の青い部品がケーブルとケーブルをつなぐコネクターです。
 
 

ONUに接続したところ。NTTのファイバーケーブルのようなシャッター式ではないが、そのまま差し込めました。
 

わずか5分で作業完了

結果、無事に動作を確認できました。回線が遅くなることもなく、いたって普通に使用出来ています。ケーブルの差し込み口には切り欠きがあって裏表を間違えることもなく、作業時間は5分もかかりませんでした。拍子抜けするほど簡単です。
 
この作業のために、工事をする技術者を呼んで数万円の費用を支払うのは本当にもったいないですね。もっともNTTとしては、そのぐらい厳しくしないとユーザーがケーブル延長を勝手にやって機器やケーブルを壊しかねないし、うまく接続できない場合サポートに泣きついてきてその人件費もばかにならないということなのだろうと思います。
 
NTTはユーザーの技量がわからない以上、厳しく制限するしかないだろう。だから技量があると思うユーザーは自分でリスクを負ってやれば良いのだと思います。
 
そして、この製品に対するアマゾンでのレビューで、機器が動作しない、転送速度が落ちと書いたユーザーはたまたま初期不良品が届いてしまったのか、それとも何か技量が不足して動作しなかったのか不明です。
 
他メーカーからの妨害工作?なんてうがった見方をしてしまいそうです。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました