桜の季節、ユーミンの「経る時」を聴いて諸行無常を感じる

ユーミンの経る時

春となりました。

桜が満開です。

世に桜の歌はたくさんありますが、自分がとりわけ好きな歌はユーミンの「経る時」。

歌詞の諸行無常感が素敵です。

薄日の射す枯木立が
桜並木であるのを誰もが忘れていても
何も云わず やがて花は咲き誇り
かなわぬ想いを散らし 季節はゆく

どこから来て どこへ行くの
あんなに強く愛した気持も憎んだことも
今は昔

そして歌の最後のフレーズ

四月ごとに同じ席は
うす紅の砂時計の底になる
空から降る時が見える
さびれたこのホテルから

桜の散る姿を砂時計の砂が落ちていくさまに例えているわけです。

そして、物理的に花びらが「降る」様子と、時間が経過する「経る」をかけているあたりが絶妙です。

ああ、諸行無常。

Youtubeに「経る時」をカバーされている方がいらしたので、以下に埋め込んでおきます。

経る時/松任谷由実(cover)

「経る時」はアマゾンミュージック会員の方であれば無料で聴くことが出来ます。
 

Amazon.co.jp: Amazon Music
新曲から名盤まで、7,000万曲以上が聴き放題。気分や活動に合わせて聴くプレイリスト、好きなだけ楽しめるステーションも。オフライン再生も可能。

 
そして、春の描写が素敵な小説は角田光代の「名前」です。

 
 

タイトルとURLをコピーしました