マックメムメモリ販売中

スーパーアキト君!iPadが僕の友達。

日曜日に、教会(ホープチャーチ)で古くからの友人と再開。そして彼の3歳ちょっと前の息子アキト君と初対面。おっとりしている美男子だ。

彼の遊び相手はiPad。ゲームは出来るし、写真も、動画も見られる。そんな彼の一番のお気に入りは手書きアプリ。これがあればお絵描き帳もクレヨンも不要なのだ。

彼は自分で線の太さや色を選び、指でぐにゅぐにゅとタッチパネルの上で絵を描く。そして自分で絵の保存だってする。その手つきはお見事としか言いようがない。

で、彼はそのノリで、家にある液晶テレビを観ていると、好きでない番組はスワイプして次に行こうとしたり、天気予報画面は詳細を知ろうとタップしてみたり、好きな画面は拡大しようとピンチアウトするとのこと。ははは、彼の行動は全く正しい。

テレビのある世界にiPadが導入された世代には別物であることがわかるのだが、テレビとiPadが同時にある世界からスタートしている世代にはなぜインターフェースが違うのか不思議なはず。彼のジェスチャーこそが新しいテレビ世代の動きであり、テレビはそうなることが運命づけれらているはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました