マックメムメモリ販売中

OSX10.9以降/メモリーの空き容量のチェックの方法!アクティビティーモニタの使い方

注意)ここでは、OSX 10.9以降のアクティビティモニタの説明となっています。
   10.8以前のアクティビティーモニタの基本的な使い方は以下をご覧ください。

アクティビティーモニタとは

アクティビティーモニタはアップル標準のユーティリティーで、Mac内部の動作をモニターすることが出来ます。モニターできる項目は以下の通りです。

  • CPU
  • メモリー
  • ディスク
  • ネットワーク

ここでは、どのようにメモリーが使用されているか、OSX10.9 Mavericksのアクティビティーモニタの見方について簡単にご説明します。

アクティビティーモニタの起動方法

起動方法は
 アプリケーション>ユーティリティー>アクティビティーモニタ
をダブルクリックします。
 
すると、以下のようなウィンドウが表示されます。

このうち上部中央の”メモリー”タブをクリックしてください。すると赤線の枠内にメモリーの仕様状況が表示されます。
 

アクティビティーモニター

アクティビティーモニタの見方


アクティビティーモニター

上がアクティビティーモニタウィンドウの下部を大きくした図になります。
 
OSX10.8以前のアクティビティーモニタに表示できたパイチャートが無くなってしまって、数字だけの羅列になったので、ひと目でメモリーがどれだけ使用されているかわかりづらいです。

左部分の説明

アクティビティーモニター 4

知っておくべき数値は、左側の項目の「物理メモリ」と「使用済みメモリ」の2つ。 

  • 「物理メモリ」はMacが認識しているメモリー合計量
  • 「使用済みメモリ」はMacが使用しているメモリー合計量

「使用済みメモリ」が「物理メモリ」に近づいてくると、メモリーの空き容量が少ないことを意味します。よって、アプリの切り替えなどに時間がかかるようになります。
 
「使用済みメモリ」と「物理メモリ」の差が1GBとか2GBとかあれば使用されていないメモリー部分に余裕があることになりますので、Macを快適に使用できます。

この図の場合、Macが認識しているメモリー合計量が16GB、Macが使用しているメモリーが10.12GBとなっています。その差が5.88GBありますので余裕があり、Macを快適に使用することが可能です。

右部の説明


アクティビティーモニター_2

それから右の項目は「使用済みメモリ」の詳細です。メモリーがどのように使用されているかを示しています。

使用済みメモリー詳細


アクティビティーモニター_3

  • 「アプリケーションメモリ」と「確保されているメモリ」の合計がMacが使用しているメモリー量 
  • 「ファイルキャッシュ」は過去に使用されていて今は使用されていないメモリー量

なぜメモリーを空にしないかというと、一度終了したアプリが再度起動された時にここにデータが残っているとアプリの起動が早くなるのためです。
 
例えばSafariを起動するとドックで3回とか4回とかバウンドしてから起動しますが、一度Safariを終了して、再度Safariを起動すると1回とか2回のバウンドで起動します。
 


スクリーンショット_2014-04-07_9_57_26

上記のメモリーの分布をパイチャートで表示するとこんな感じになるのですが、OSX10.9からこのパイチャートが無くなってしまったわけで、本当に残念です。
 
このほうが一目でわかって楽なんですよね。アップルさんなんでこれやめちゃったのだろう。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました