スポンサーリンク

【iPhoneX】結局ドコモは本体代金を回収した計算になった。1年間の支払い総額公開

iPhone X契約終了
要約
  • 息子のiPhoneXを1年間使用したので契約解除した
  • 支払い総額はおよそ95,000円
  • ドコモから本体を定価で購入して1年間通信料をタダにしてもらったことになる
  • ドコモからすると2018年10月にiPhone Xが販売中止となって、なんとか売り切らないといけなかったので本体を1.5万円で投げ売りをしたが、1年後に本体代金を回収できた

ちょうど1年前、2019年元旦にiPhone Xをドコモで契約しました。

そして丸1年が経過し、解約が出来るようになりましたので解約をしました。
 

息子のドコモのiPhoneXの契約終了

12月末にドコモの契約者のページからMNPの転出作業を行いました。手続きは簡単で3分程度で終わり、手続き完了直後に予約番号が発行されました。

その後、家族で利用しているMVNOのマイネオのホームページからMNPの転入の手続きを行いました。

最終的に数日以内にマイネオからSIMが届くので、それをiPhoneに入れれば完了です。 → 追記)結局3日で届きました。

実はこのMNPもちょっとしたトラブルがあったので、次回のブログで顛末を書いてみたいと思います。 → 追記)以下に書きました。
 

契約していたドコモの料金体型

契約していたのは、ドコモのベーシックパックなのですが、料金体型は以下のようになっていました。

1GB未満が2980円
1GB〜 3GBが4,000円
3GB〜5GBが5,000円
5GB〜20GBが7,000円

という階段式の設定。

ドコモベーシックパック

そのため、使用量が5GBを超えると(20GBまで使えるのですが)ぐっと料金が高くなります。そこで1ヶ月間で5GB以内になるように計画的に使用していました。

ただ、うまくいかないもので月の終盤に突発的な使用で5GBを超えることがよくありました。悔しいので息子は4G回線で20GBまで動画を観まくるみたいなことをしていました(苦笑)。実際には数日で15GBなんて使い切れないんですけどね。

ちなみにドコモはこの通信量とは別に基本料980円、spモード300円の合計1280円を徴収します。幸いなことに息子の携帯はドコモの学割が適用されて1,500円が引かれるので、実質220円が値引きされている計算です。ただし、料金全体に8%(10月からは10%)の消費税がかかることになります。
 

iPhone Xを契約して1年間で支払った料金

2019年1月1日に契約したドコモですが、1年利用して支払った金額(税込み)は以下の通りになります。

1月:15,552円
2月:4,084円
3月:4,545円
4月:8,510円
5月:5,531円
6月:5,337円
7月:5,250円
8月:7,649円
9月:5,165円
10月:7,476円
11月:5,393円
12月:5,487円
1月:2,948円
解約違約金(2年縛り):10,490円
=======================
総額:93,417円

当初は、1ヵ月を基本料金の2,980円だけで利用することを想定していましたが、実際には5,000円を超える月が多くありました。

というのもベーシックパックの最低通信料は1GBで、自宅と学校のWiFIがメインの利用なので通学中だけの利用なら1GBでいけるのではないかと想定していたのですが、部活の遠征などで5GB前後使用することが多かったためです。

実はドコモの契約期間内に、マイネオのSIMに入れ替えて使うことも考えていたのですが、2つの理由でやめました。

1つは、基本料金の2,980円を支払って、マイネオに2,280円前後を支払うと合計5,260円となり、ドコモの5GBの料金とそれほどかわらないためでした。

もう1つは、SIMを入れ替えると携帯番号をドコモとマイネオを2つ持たないといけないためです。iPhoneXはSIMを2枚挿しが出来ないので、SIMを2枚で運用するといづれかの番号の電話に出られなくなってしまいます。基本的にメインの電話番号をドコモの番号にしていたので、ドコモを使わないといけない状態で、ある意味電話番号が人質だった感じでした。
 

いくらぐらい得だったのか?

結局iPhone Xの本体を含めて契約をしてドコモに1年間で支払った総額は解約違約金10,450円を足して約95,000円(税込み)となりました。

Apple ストアでSIMフリーiPhone Xを購入してマイネオで1年間使用した場合、マイネオを6GBの料金ブラン2,280円を12ヶ月とすると総額約3万円(税込み)となり、本体を約65,000円で購入出来た計算になります。

2019年1月頃、iPhone Xは10万円前後だったので、約35,000円ぐらいお得だったということになるかなと思います。

ただ、簡単に言い換えるとすれば、ドコモからiPhone X本体をほぼ定価で購入して、1年間通信料をただにしてもらったということです。

2018年10月に、iPhone XR等の新製品が出てiPhone Xの販売打ち切りが決まりました。そのため、ドコモは在庫のiPhone Xを値引きしてでも売り切る必要がありました。そこで、iPhone Xを1年以上使う契約で超特価の15,000円程度で販売しました。

でも、ドコモは実際には1年後にこのように総額10万円近くを回収出来たわけですから、全く損をしなくてすむ結果となりました。ドコモ、お見事です(ユーザーの立場とすればまんまとやられたわけですが)。

ちなみに、宣伝で恐縮ですがMVNOではマイネオが一番オトクだと感じていて、我が家は家族4人ともマイネオを利用しています。ですので、MVNOを検討されている方は以下からご契約頂くとお安くなりますのでよろしければどうぞ。


 
 

タイトルとURLをコピーしました