【FreetelのiPhone安売り理由】3大キャリアのiPhone 8の大量の在庫とiPhoen SE2の影

Freetel iPhone安売りの理由
スポンサーリンク

FreetelでiPhoneの安売り

先日FreetelがiPhoneの7とiPhone8を新春キャンペーンと銘打って安売りを行っていました。価格はiPhone 7が20,800円、iPhoen 8が30,800円とかなりお安いです。

FREETEL(フリーテル)
FREETEL公式サイト(MAYA SYSTEM運営)進化したFREETELは、価格を超える品質で、あなたの体験を一新させる!

1月8日現在でiPhone 7と8ともに完売していました。ただ、第一弾となっていることから、まだ第二弾、第三弾と続くのかもしれません。

実はFreetelは夏にiPhone 8を39,800円で販売していましたが、今回はさらに安い30,800円となりました。

現在アップルでもiPhone 8は販売されています。価格は52,800円です。これを考えると39,800円でも十分に安いと思うのですが、あえて30,800円にしたのには何か裏があるのかもしれません。
 

FreetelがiPhoneを安売りする理由

自分が考える理由は2つです。
 

理由1.iPhoneのキャリア版の在庫がダブついている可能性

現在、3大キャリアは総務省のお達しで本体代金と通信料をわけるようになってiPhoneを値引き販売ができなくなりました。そのため3大キャリアではiPhone 8が予想以上に売れていない可能性があります。

以前iPhone全体が3大キャリアで売れなくなった理由を以下に書きました。

12月末のスマホの週間販売台数ランキングは以下のようになっています。

1位 iPhone 11 64GB(ソフトバンク)
2位 アクオス
3位 ギャラクシー
4位 iPhone 11 128GB(ソフトバンク)
5位 iPhone 11 64GB(au)
6位 iPhone 8 64GB(au)
7位 iPhoen 11 128GB(au)
8位 iPhone 11 64GB(docomo)
9位 Huawei P30 lite
10位 iPhoen 11 128GB(docomo)
11位 iPhone 8 64GB(docomo)
です。

販売台数ランキングで、iPhone 8は50位までに6位と11位と18位にあるだけです。 iPhone 11が売れすぎているせいなのかもしれませんが、iPhone 8はあまり売れていません。(とはいえ、価格が30,800円になれば即完売ですから、人気がないわけではなくユーザーは価格に見あわないと判断しているだけだということはわかります。 )

そのため、アップルには3大キャリアに売り損なった(または返品された)iPhone 8がたくさん残っているのかもしれません。

ただ、アップルストアではiPhone 8を30,800円というような大胆な値引き価格で販売するわけにいかないので、3大キャリアのSIMロックを外して、MVNOのどこかに引き取ってくれるところ探したらFreetelが受け皿になってくれたのではないかなと思います。

もしくは、販売数のノルマのためにアップルに返品が出来ないキャリアが直接Freetelに叩き売りをしているの可能性も否定できません。

FreetelはiPhone 8の利益がでなくても、新規ユーザーが増えればそれが利益になりますから悪くない話しだと思います。
 

理由2.iPhoen SE2が近々リリースされる

iPhone SE2(別名iPhone 9なのだとか)が今年の上半期にリリースされるといううわさがあります。

「iPhone SE 2」「iPhone9」のレンダリング画像、背面のガラスが特徴
  2020年前半に発売されると噂の「iPhone SE 2」あるいは「iPhone9」の流出したCAD情報によるレンダリング画像が公開されました。 リーク情報で知られる人物の情報に基づくレンダリング画像 「i

この情報によると、「iPhone9」は価格が399ドル(約43,600円)からで、2020年3月に発売されると予測しています。

ただもしかすると、iPhone SE2は実は2月頃に出てくる可能性があって、Freetelの卸元(アップルジャパン?)がその前に売り切ってしまおうと格安でFreetelに卸したの可能性があります。iPhoen 8とiPhone SE2が性能面でも価格面でもバッティングしそうですからね。

***

さて、果たして真相はいかに。iPhoen SE2がすぐ出てくることに期待しましょう。

 
 

タイトルとURLをコピーしました