スポンサーリンク

【日産スタジアムのグラウンドレベルに立てる】トラック個人利用デー無料です。

日産スタジアムトラック

日産スタジアムのトラックを無料で使える

国際大会などで有名な日産スタジアムですが、定期的にトラックを個人に開放しています。これまで有料だったトラック利用ですが、昨年から日産がスポンサーになってくれて利用料が無料となりました。

トラック個人利用日

このトラック利用デーは横浜市民であってもなくても誰でも利用できます。陸上をやっていなくても問題ありません。革靴やハイヒールでは入れませんが、普通のスニカーであれば練習をしなくても見学するだけでも楽しいのではないかと思います。なかなかグラウンドレベルに降りられる機会がありませんから貴重な経験になると思います。

自分が行った時は、中高生10〜20名で陸上部の部活が行われていたり、中高年の陸上クラブのメンバー10人ぐらいがインターバルトレーニングをしているぐらいで、がらがらです。トラック内に50人ぐらいしかいなかったのではないかと思います。陸上関係者以外はダメ!というような排他的雰囲気は全くなく誰でも気軽に来られると思います。
 

利用方法

1.日産スタジアムの通路柱番号277のところに以下のような入り口がありますので、中に入っていきます。

日産スタジアムトラック開放デー

2.道なりに歩いていくと、入り口がありますので入ります。扉を入ったところに利用者用の名簿があるのでそこに名前等を記入します。

日産スタジアムトラック開放デー

3.更衣室に行きたい場合は右側へ。トラックに行きたい人は通路をそのまま直進します。正面の扉を出て階段を上がるとトラックです。

日産スタジアムトラック開放デー

3.あとは適当なレーンでジョギングをしたり、ダッシュをしたりするだけです。

日産スタジアムトラック開放デー

トラックの良いところ

国際大会で使うトラックがいかに優れているか、自分のような街なかでジョギングをしている程度の市民ランナーでもはっきりとわかります。とにかく柔らかくてかつ反発力があって本当に走りやすいです。

トラックが便利だなと思うのは、向かい風と追い風が交互に来るところです。街なかでは折返し地点まで向かい風ならずっと向かい風が続きますから、往路でめげてしまうことがあります。トラックの場合どんなに長くても直線100mが向かい風になるだけで、あとは横風になり、追い風になり、また横風になるというループですから楽ちんです。

当然ですが、歩行者や自転車や自動車などを全く気にしなくて良いのも気分的に楽なところです。

    

何かの機会があればぜひ参加してみてください。ちなみに今月は26(日)がトラック個人利用デーとなっています。

タイトルとURLをコピーしました