マックメムメモリ販売中

ジョブスの肉声を直接理解出来ることは幸せです。

3月3日、曇り時々晴れ。大倉山駅前、お寿司屋さんと和菓子屋さんが向かい合わせで、ひな祭り商品の呼びこみでその近辺だけが大盛り上がり。

iPad 2の発表。ジョブスは痩せていたが元気そうなのにはほっとした。しかしいつ聞いても彼のプレゼンは素晴らしい。壇上で彼が噛んだのを見たことがない。あの病状でいつどうやって練習やリハをしているのか全く不思議。英語がちょびっとわかるものとして彼の肉声を直接理解出来ることは幸せ。

で、自分はiPadを持っているものの、(自分にとっては)使い勝手が良くないのでMacBook Air派になった身としては、薄くなっても軽くなっても当分購入はしない予定。

昼からジョギング。軽いペースで4.5キロ。現在の走る時のハードウエアの相棒はiPhone 4とSONYのBluetoothレシーバーDRC-BT30P/WにSONYのイヤホン(型番不明)をつないでいる。iPhoneとの相性ばっちり。iPhoner4をポケットにいれた状態で音が途切れることは全くない。ただ本体が思いの外大きく(単三電池級)多少の重みもあり、その割にクリップのはさむ力が弱いので、走るような上下運動で簡単に外れる。ランナーからの要望としてこれだけは改善して欲しい。通勤とかには十分なのあとは思うが。

なぜBluetoothレシーバーかというと、iPhoneに直接イヤホンをさすとケーブルが腕にからまり邪魔だから。本当はiPod miniを胸元ににつけてイヤホンを挿すのが一番楽なのだが、これまでiPod miniを夕立の雨の雫で2台をおしゃかにしてしまったので、もう買わない。アウトドアでのエクササイズには多少の防滴は必要と悟った。アップルのデザインでは防水・防滴は無理。

SONYのBluetoothのヘッドセットDR-BT160ASも使っていたが、これは電池の充電できなくなったため廃棄。本当は電池交換して使いたかったのだが、ソニーのサポート曰く電池交換は出来ませんとのこと。電池の寿命のたびに製品を買い換えるというコンセプトはこのエコの時代には無し。ケーブルは不要だし、感度も良かったのに残念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました