【パラグライダー事故】高高度からの落下は映像を見ているだけで冷や汗が出る

パラグライダーの能力を見くびっていた

パラグライダーをやったことはないけれど

なぜかYoutubeのオススメにパラグライダーの落下事故の動画が出てきました。

落ちました 2015 10 03

予備のパラシュートのおかげでゆるいスピードで落下し、大きな怪我になっていないようです。

自分は結構高いところが苦手なので、高高度から落下しているところは冷や汗をかいて観ておりました。

空を飛ぶというのは気持ちが良いことだろうなと思う一方で、落ちることを考えるとなんとも怖い。たぶんパラグライダーは一生できないだろうなと思う次第です。
 

恐るべしパラグライダー

その関連動画として表示されたのが、「富士山から太平洋までパラグライダーでフライトする」というものでした。

富士山から太平洋に向けてパラグライダーでフライト。 Paragliding from Mt'Fuji.

パラグライダーがそんな長距離飛行が出来るのか!と驚愕してしまいました。

自分がパラグライダーに抱いていたイメージは、山の傾斜からジャンプして、山のまわりをふわふわと旋回するぐらいの乗り物だろう的なものでした。

ところが、”富士山から太平洋まで”なんていう長距離飛行を目の当たりにしてしまうと、パラグライダー(の風を効率的にうける機構とか風自身の力とか)の能力を侮ってはいけないなと感じた次第です。

パラグライダーを完全に見くびっていました。パラグライダー乗りのみなさん、ごめんなさい。
 

パラグライダーで腰を骨折した人との出会い

自分はパラグライダー乗りの知り合いはいませんが、かつて一人のパラグライダー乗りに出会ったことを思い出しました。

社会人になった当初、自分は地方の工場に勤務していたのですが、その勤務地のそばにパラグライダーで有名なスポットがありました。

自分がある時バスケットボールの練習で足首の靭帯を切ってしまい、縫い合わせの手術のために、地元で一番大きな市民病院に入院することとなりました。

自分が割り振られたのは外科の大部屋で、その部屋には腰骨を折って入院していた年齢30前後のお兄さん(おじさん?)がいました。

話を聞いてみると、パラグライダーで骨折したとのこと。

彼のパラグライダーが高度1000m上空で風にあおられて、目的の着地点からどんどん流されてしまったそうです。高度が下がっていく中で、幸い(?)にも民家の屋根の上に不時着したのだとか。

自分「あ、なるほど。それで屋根に腰から落ちて骨折したんですね?」

彼「違う違う、不時着までは全く問題なかったの。」

自分「では何で骨折したんですか?」

彼「屋根に降り立った時に、付けていたパラグライダーが風であおられて、屋根から引っ張られるように腰から地面に落ちたのが原因。」

高度1000m上空からは全く問題なく屋根の上に着地できたのに、高さ5mの屋根から落ちて大怪我というのもなんとも皮肉な話だなと思った次第です。
 

 

タイトルとURLをコピーしました