【番号のないクレジットカード】昔はエンボス加工のクレジットカードを感圧紙に転写していたわけだが。

インプリンターで転写

番号のないクレジットカード

セキュリティーのため、番号を記載していないクレジットカードの需要が高いのだとか。

エラーページ - SankeiBiz(サンケイビズ)
SankeiBiz(サンケイビズ)は産経新聞グループの経済情報サイトです。「仕事・キャリア」「自分磨き」を主なテーマに、ニュースはもちろん、気鋭の経営者や識者が執筆する連載・コラムなどビジネスパーソンの知的好奇心を満たすコンテンツをご覧ください。

基本的にカード上のICチップによる決済のために、ユーザーが番号を知らなくても問題がないわけです。

ネットでの買い物などで必要な場合のみ、スマホにダウンロードしたアプリからカード番号を知ることができるそうです。

番号が凸っているクレジットカード

カード番号と言えば、未だに番号が凸(エンボス)っているカードがあるのだろうかと、自分の財布を確認してみたところ、1枚ありました。

エンボスなクレジットカード

最近のクレジットカードは印刷されたものでエンボス加工はされていません。

文字がフラットなクレジットカード

インプリンターでカード番号を転写

このエンボス加工されたクレジットカードで思い出すのが1980年代の米国留学時のこと。

この当時、クレジットカード決済がオンライン対応されていないお店が結構あって、クレジットカードを感圧式の用紙に押し当ててコピーをとって処理していました。

そのため、クレジットカード番号が必ずエンボス加工されていたわけです。

ググってみたらありました。クレジットカードインプリンター。懐かしい。

クレジットカードインプリンター

ご存知かと思いますが、この左側にある出っ張りを左右に「がっちゃんがっちゃん」と移動させるとカード番号が用紙に転写されるわけです。

ちなみに今でもインプリンター売っているようです。高いですけど(苦笑)。 

で、自分の記憶が正しければ、お店はこの処理の前にクレジットカードの決済会社に電話(ネットではない!)をして、カードの残高があるかどうか確認をとり、承認が出てはじめてカード決済を受け付けたように思います。

なんともアナログな方法でした。

米国のクレジットカード文化

自分が留学した当時から米国ではクレジットカードは一般的でした。米国ではもともと”パーソナルチェック”なる小切手文化があるからだと思うのですが、クレジットカードがどのお店でも普通に使えました。

自分の記憶では、その当時日本ではまだまだ現金が主流で、クレジットカードを使用できるお店が少なかったように思います。

また使えるとしても、特定の金額以上、例えば5000円以上とか1万円以上とか、でないと使えないということもありました。また、お店によってはクレジットカード利用では手数料を取るケースもありました。

何にせよ、クレジットカードの利用がまだまだ普及していなかった時代でした。
 

スポンサーリンク

米国留学時のクレジットカード

自分が留学準備をする上で、米国の情報が乏しく、どのようなクレジットカードを持っていれば良いのかよくわかりませんでした。

まず当時から主流だったVISAカードを持っていくことにしました。

ただVISAが使えない場合困るだろうと、心配した父がアメックスとダイナースカードをもたせてくれました。

実際のところ米国でVISAが使えない場所がなく、一度もアメックスとダイナースのお世話になったことはありませんでしたが。

ちなみに友人との世間話の中で、自分はアメックスとダイナースを持っていることを友人に告げると、「お前の家は金持ちだな」と言われました。

その当時何のことやらよく意味がわかりませんでしたが、アメックスとダイナースはそれなりの年会費がかかるようなので、金持ちだと思われたようです。

ただ、実際はサラリーマンだった父が仕事のつきあいで作ったもので、我が家は金持ちでもなんでもありませんでした(苦笑)。
 

タイトルとURLをコピーしました