スポンサーリンク

最近の相談メールで思うこと:その1

最近、お客様からのご相談などを受けて感じることです。

メモリーはマック本体と比較して安い部品なのですが、これがマック本体に悪い影響を与え、トラブルを引き起こす場合があります。

マックやメモリーについて詳しいユーザーは自身で問題を解決できるので良いです。あなたはご自身でマックのトラブルを解決できますか。もし解決する自信がなければ、ぜひ以下の点を気にして頂ければと思います。

メモリーを取り付け直後にマックに異常が出ればメモリーの問題だということは誰でもわかります。でも最近は使用開始から数ヶ月、数年経ってからメモリー関係のトラブルが起こることが結構あります。そうなると何が問題であるかさっぱり検討がつきません。メモリーを取り付けたことも忘れていますし、メモリーが故障するということも知りません。メモリーは音もしないので、故障がわかりづらい部品であるのも困りものです。

とりあえず本体を再起動して使いだす。そして使っているうちにまたトラブルが発生する。だましだまし使っているのが辛くなってきます。データを保存する前にカーネルパニックが発生するものなら目も当てられません。

それで重い腰を上げて、マックを購入時について来た付属DVDでOSやソフトを再インストールをします。でもハードウエアの問題はこれではなおりません。

保証があればアップルに相談できますが、1年以上経つと保証が切れてとどこにも相談できない。で、どこにも頼れずマックメムに相談に来ることが多いです。(マックメムは他店のお客様でもマックユーザーであれば誰でもお助けしますので、困り果ててから来るのではなく最初からご相談くださいね。)

今は便利な時代で価格.comなどでマック本体やメモリーを含めた周辺機器の安売りしているお店を知ることが出来ます。でも、初心者、中級者、お仕事でご使用の方はサポートをしっかりしてくれるお店、特にマックに詳しいお店で購入することを強くお薦めします。購入前に電話やメールで、「マックの対応してますか」と尋ねてみれば良いのです。

数千円の安い価格のために、マックが使えない状態になって、にっちもさっちも行かなくなるのは本当にもったいないことです。本来マックは使っていて楽しいはずなのに、トラブルばかり使いたくないなーと思ったら絶対に損です。

最近の相談メールで思うこと:その2に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました