マックメムメモリ販売中

ゲーム少年の夢

とある事情で”ゲーム少年の夢”という本を引っ張り出してきました。1991年に出版された本です。

この本は著者が米国で博士号を取得する話がメインですが、学生時代のApple IIのソフトを作った話も書かれていて興味深いです。ソフトを製作して秋葉原に売りに行き、いくらで売れるかというような業者との駆け引きの話は燃えます。またApple IIで世界で初めて日本語ワープロソフトを作ってマスコミに取り上げられた、なんてことも書かれています。その当時で100万円以上で業者に買ってもらったそうです。ソフトの定価は3万円でワープロが世に出てくるまではそれなりに需要があったそうです。あの当時のApple IIはすばらしかった。

その著者である冨田先生は現在慶應義塾大学先端生命科学研究所の所長をされております。

私はこの本に書かれている冨田先生の学生時代の武勇伝に励まされて米国に渡りました。これは私の恩人的な本です。

今はご縁あって、冨田先生が所長をなさっている慶應義塾大学先端生命科学研究所のMac ProやiMacにマックメムのメモリーをご使用いただいております。大変光栄なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました