【断捨離の正体】自分を変える一番簡単な方法が断捨離

なぜ断捨離が流行ったのか?
スポンサーリンク

断捨離とは

一時期ブームになった断捨離。

Wikipediaによると

不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。

とのことです。
 

自分を変えたい

自分は断捨離が流行った理由は、「自分が変わりたい時に一番早く簡単に変われるから」だと考えています。

自分の仕事や生活に行き詰まって「何か自分に変化をもたらしたい」という場合、一般的に努力と時間が必要です。

例えばダイエット。日々食事制限をしたり運動をしたりして数週間〜数ヶ月かけてやっと5kgとか10kgとか体重を落とすことができるわけです。

また、英会話が出来るようになりたい!と思えば、日々英単語を英語のフレーズを覚えて、英会話レッスンを受けて、数カ月後になんとか片言の英語が話せるようになるわけです。

このように努力と時間があってやっと自分が変われるわけです。そのため途中で挫折することも多いです。ですから自分に変化をもたらすことは簡単ではありません。
 

断捨離なら簡単にすぐに達成できる

ところが、断捨離は持っているものを捨てるだけですから早ければ数時間、長くても数日で結果が出ます。捨てる勇気さえあれば、挫折することはまずありえません。努力はほぼ無用です。

それで自分がすごく変わった体験をすることが出来るわけですからすごく即効性があるわけです。忙しい現代人にはてっとり早い成功体験ができるわけです。

ただし、断捨離にはデメリットがあります。一般的な自分を変える方法には努力と時間が必要な分「自分がかわりたいと思った本当の理由」と向き合うチャンスがあります。例えばダイエットならば「XXさんにデブだと言われたので見返してやりたい」とか、英会話なら「英語ができずに仕事で失敗した」というような本当の原因とじっくり向き合いながら解決に向かいます。

ところが断捨離の場合あっという間に目標を達成してしまうので、「自分がかわりたいと思った本当の理由」と向き合う時間がほとんどありません。断捨離自体が目的であればよいのですが、もし別の理由で断捨離をしたとすると、それを解決してあげないと断捨離した意味がなくなってしまうかもしれません。

ちなみに自分は断捨離が良いとも悪いとも思っていません。決してディスっているということでもありませんのでご了承ください。
 
 

タイトルとURLをコピーしました