スポンサーリンク

OSXがリリースされてから12周年

この9月でOSXのパブリックベータがリリースされて12年。多くのユーザーがパブリックベータにも関わらず、こぞって新しいOSを購入したのだ。あの頃のフィーバー(と言ってもiPhoneフィーバーに比べればかわいいものだが)が懐かしい。

<追記>
Round-Headed Boy(@RoundHeaded_Boy)さんからのTweetにて、日本では1000人を超す行列が出来たとのこと。1000人を超えたら今回のiPhone以上のフィーバーかもしれない。この当時猪川は米国におり、この騒動全く知りませんでした。お恥ずかしい。詳細はMacお宝鑑定団さんのこちらに掲載されておりました。日付を見ると2000年10月。米国で先行して発売、日本では1ヶ月遅れでの発売だったんですかね。

OSXのパブリックベータは発売当初30ドル。その後1年しやっとOSXの正規版10.1がリリースされた。価格は130ドル。

それからもOSXは順調に進化をとげ、現在では10.8までになった。特に大きな問題もなく(いや、問題は数々あったが、そんなユーザーをばっさり切り捨てるジョブスであったゆえに)、ほとんどのユーザーがOS9からOSXに移行したのであった。

もしかすると12年の間にMacユーザーになった方はOS9なんてOSがあったことさえ知らんわけですな。

自分がOS9からOSXに移行して一番驚いたことはネットからのダウンロードの速さ。私の感覚でOS9の3倍ぐらい速いかったように記憶している。ネットに特化したネット時代のOSがキターと実感したのを覚えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました