マックメムメモリ販売中

AppleとNewer Technologyのロゴ入りTシャツ

かつて、Newer TechnologyはAppleのエンジニアとコラボして両社のロゴ入りTシャツを作成したことがある (もう現物のTシャツがないので、ここではデザインだけ披露することにする)。

Appleは昔は大らかだった。Newer TehcnolgyなんていうMac用CPUカードのサードパーティにアップルがロゴを使用させてくれたりしたのだから。

AppleとNewerが共同で良いものを作ってます、というシナジー効果をあらわすデザイン。「オタクは色々なものを許せても、遅いマシンだけはゆるせない」というコメント入り。

PowerMacのころはMac本体が何十万円と高価だったので、ハイエンドユーザーがCPUカードを差し替えて高速化するアップグレードをよく行っていた。

CPUカードはアップルでも開発されていたのだが、そこはアップル、大変仕事が遅い。アップルとすればエンジニアは本体開発で忙しいので、CPUカードごときにエンジニアを奪われたくない。でも開発しないとアップルユーザーから、いつになったらCPUカードが発売されるのだというお叱りの言葉を頂く。特にその当時のハイエンドユーザーというのはプロのデザイナーだったりするわけだから、高い時給をとっている人たちは遅いマシンに我慢が出来ないのだ。

そこで、NewerのようなCPUカードのサードパーティがアップルより先にCPUカードを発売することをアップルは決して嫌がっておらず、逆に喜んでいたくらい。アップルにCPUカードの問い合わせがいくと、サポートはNewerで買って下さいなんて言っていたらしい。

ということで、Newerはアップルの商売敵なのではなく、仕事を楽にしてくれる味方のような存在であったのだ。

さらに、Newerは新しいCPUカードが出来るとアップルのエンジニアにたくさん送っていた。彼らも自社のMacよりも、Newerのカードを装着したほうが速くなるので仕事もはかどることになる。

Newerとすると彼らと仲良くして、アップル内部の開発情報を聞き出したり、アドバイスを求めたりできるメリットがあったわけで、Win-Winの関係だったのだ。
うーん、良い時代だったなと改めて思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました