スポンサーリンク

プロフェッショナルのMac Proの買い方

ここでいうプロフェッショナルというのは、仕事でMac Proを使ってお金を稼いでいるという意味でのプロ。

マックメムにお問い合わせ頂くプロのお客様からMac Proに関するお問い合わせが結構ある。その中で、一番多い問い合わせは「Mac Proを購入する場合メモリーはアップルストアで本体購入時に増設してもらったほうが良いのか、それとも別途マックメムで購入したほうが良いのか」ということ。

前回書いたが、価格面では2014年前半であればたぶん、アップルストアで購入したほうが安いのではないかと考える。一方でアップルのメモリーは保証期間が本体同様1年しかないので、長い目でみればマックメムで購入したほうがお得だと思う。マーフィーの法則によれば、メモリーなんて保証期間が過ぎてちょっとすると故障が発生するようにできている(苦笑)。

でも、一番考慮すべき点は価格ではない。一番考慮すべき点は使用する人の

Mac本体に対するちょっとした知識と勇気があるかないか

だ。

Mac Proは高速になっている分トラブルが比較的多い機種だと思う(本当はMacBook ProやiMacでも同じぐらいトラブルが発生しているのかもしれないが、プロが仕事で使うとちょっとしたトラブルでも気になるからトラブルが多いように感じるのかもしれない)。その時に、トラブルの原因が何かを自分で判斷出来ないユーザーは、アップルに本体全部を送ってチェックしてもらうほうが楽。マザーボードの問題であっても、メモリーの問題であっても、ハードディスクの問題であっても、アップルが原因を特定して修理して返送してくれる。そのためにはメモリーを含めてアップルで一括購入しておいたほうが良い。

一方で、メモリーだとかハードディスクの取り付け(外付けでも良いけれど)が自分出来るのなら、そういう部品は自分で購入して取り付けたほうが良い。というのもトラブル時に本体をアップルに送ると、戻ってくるまでマシンが無いので仕事に影響が出てしまう。

マックメムのメモリーであれば、故障時には最短翌日には交換品をお届けできるので、仕事に穴があく可能性が少ない。交換品が届くまで本体さえ手元にあれば、故障のメモリーを取り外して、もともとのMac Proについてきたメモリーだけで何とかやりくり出来る。ハードディスク等の故障であれば、外付けのハードディスクから起動すれば良いだけだし。

写真家やデザイナーのお客様の中には「Macの中身なんて全然わからないので全部アップルにお任せ(苦笑)」なんていう方もいらっしゃるのだが、ちょっとだけ勇気をもって、蓋をあけてメモリーの抜き差しぐらいやってくれると、色々と選択しも増えるし、結果的に作業効率もアップするのになと思う。

そもそもメモリー取り付けなんて一度やってしまえばその後一生自分で出来るわけなので、一生の資産だと思うのだけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました