マックメムメモリ販売中

Appleユーザは必見!自分のApple製品が対象か定期的に確認すべし!自主回収プログラム一覧

アップル修理

MacBook Pro Mid 2015の電池発火の恐れ

Applelから、本日MacBook Pro Mid 2015/15インチモデルのバッテリー自主回収プログラムが発表さました。

 MacBook Pro Mid 2015 15インチモデルのバッテリー自主回収プログラム

 
対象製品であるかどうか、上記のサイトからシリアル番号を入力するとわかります。
 
もし、対象の製品をお持ちの方は以下の方法で対応してください。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください。
  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。
  • Apple サポート:こちらからお問い合わせください。サポート担当者が Apple リペアセンターへの配送修理の手配をさせていただきます。

とのことです。

全てのAppleユーザーは定期的にチェックすべき!自主回収プログラム

私の経験ですが、マックメムのお客様一人と、私個人の友人一人が自主回収プログラムの期間に気づかず、期間終了後に故障が発生してしまい、結局故障箇所を交換してもらえないことがありました。
 
マックメムのお客様の場合は、MacBook Proのハードディスクの故障。
私の友人のケースはiMac Mid 2012用のGPUカードの故障です。
 
両者のケースともに、何かMacの調子が悪いなーという感じでだましだまし使っていたのですが、私が調べてみると自主回収プログラムの対象(症状がまさに対象箇所の故障)でした。自主回収プログラム対象だと知っていればすぐにでも修理してもらったのに...と嘆いておりました。
 
ですので、定期的に自分のApple製品が対象であるかどうか以下でチェックされることをお薦めします。
 

 Apple自主回収プログラム一覧 はこちら
 (アップルのサポートのサイトに移動します。)

タイトルとURLをコピーしました