【書類と同期】iPhoneの通信量が激増!iCloudとの同期に1GB?何を同期している?その2

書類と同期のなぞ

同期するならWi-Fiでやってよ

昨日の続きです。

自分が作成したデータを更新していないので、iCloudで同期するようなデータはないはずです。

仮に同期するデータがあったとしたら、オフィスのWi-Fi接続時にやってくれれば良いのに、なぜ4G回線で同期をするのかが理解できません。

実はWi-Fiでもごりごり同期をしていて、それでも間に合わないので4Gでもやっている可能性はありますが。iPhoenのWi-Fiデータの通信容量を確認するツールを探してみる必要があるかもしれません。

追記)Wi-Fiのデータの通信量を確認するアプリを導入してチェックしたところ、大容量の通信をしていないことがわかりました。
 

消費が深刻なのでとりあえずiCloudを全部オフに

今朝、mineoの今月のデータ残量を確認してみると残りが300MBに(泣)。

通信量の消費が深刻なのでとりあえずiCloudを全部オフにしました。

iCloudの同期を全部オフ

とりあえずこれで消費は止まったようです。

それから念の為、モバイル通信のオプションで、【省データモード】をONしてみました。

iPhoneモバイル通信オプション省データモード
iPhoneモバイル通信オプション省データモード

iCloudの良さがアップルの良さ

ただ、iCloudをオフにしたのはいいけれど、使えなくなると困るんだよな〜(ため息)。

iCloudのメリットはiPhoneとMacのデータを自動で共有出来るところです。

Mac側でメールや、カレンダーや、メモや、連絡先等のデータをアップデートすると自動でiPhone側のデータがシンクロされます。

基本的に自分はiPhoneでデータを入力するのが苦手なので、Macでデータを作成・更新して、iPhoneで見るということが多いです。

iPhone側でiCloudの同期をオフにすると、データが同期出来ないだけではなく、iPhoneとMacでデータを2重に持つことになり、どちらが新しいデータなのか管理が面倒になります。

特にメモを結構使っているからどうしたものか。Google Keepなどに移行してしまおうか真剣に検討中です。
 

iCloud対策が不発に

で、昼に外出して戻ってきたら、またモバイル通信で500MB使用されていました。

どうもiCloudの問題ではないではないのではないか?と疑いだしました。

念の為、一度iCloudを完全に切ってみようかと思います。これでモバイ通信量が変わらないならiCloudは無実かもしれません。

以下の【解決編】へと続く 

タイトルとURLをコピーしました