Youtubeの意味を知っているか息子にたずねてみた

youtubeのtubeの意味
スポンサーリンク

Youtubeのtubeの意味は?

Youtube動画をいつも観ているうちの大学生の息子に、今更ながら「Youtube」ってなんで「Youtube」って言うか知っているか訪ねてみたところ、知らないという。

自分「Youtubeのtubeって意味知っている?」

息子「もちろん知っているよ。tubeは管のことでしょ。」

自分「そう、その通り。だったら、Youtubeはどうして管と関係があるのさ?」

息子「・・・」

自分「この管というのは、ブラウン管のこと。アメリカのスラングでTVを”tube”って呼んでいたのさ。」

息子「ブラウン管って何?」

自分「は?ブラウン管を知らない?薄い液晶TVでなく、昔の奥行きのあるTVがあるだろ。あの中に入っているのがブラウン管だ。」

息子「あー、ボンダイiMacに使われていたやつね。」

あ、たしかにボンダイiMacはブラウン管でした。

ボンダイiMacがリリースされたのが1998年ですから、すでに四半世紀になろうとしているわけです。息子がボンダイiMacを知っていても、ブラウン管を知らないのは無理はないのかなと思った次第です。
 

カセットデッキを肩に担いでいたカルチャー

ちなみに、自分が米国に留学していたのは1980年代前半。

その当時、アメリカの街中で、どでかいカセットデッキを肩にかついで大きなボリュームで音楽をがんがん鳴らしながら、公園やビーチを闊歩していた黒人のお兄さんをよく見かけました。

このカセットデッキ、スラングでBoomboxと呼ばれていました。

Youtubeを調べたら、ありました。

Vintage 80s Boombox Meets: Venice Beach 2017

きゃー、懐かしい。

でも、日本製のものはほとんどありませんでした。日本にはコンパクトなカセットデッキの需要はあってもboomboxのような、いかついカセットデッキ需要はなかったですから。

その後、boomboxは除々にウォークマンに駆逐され、ウォークマンはiPodに駆逐され、iPodはiPhoneに駆逐されて現在に至ります。

でかいboomboxがステータスだったとすれば、現在はAir Podsがそのかわりになっているような気がします。
 
 

タイトルとURLをコピーしました