改行キーのことを”リターンキー”って言いませんか?言いますよね?

22歳の若者にパソコン操作で「XXを押してリターン」という言葉が伝われなくてショックを受ける。エンターキーは知っていても、リターンキーを知らない?その人だけの問題?それとも若者全般の話?

私が(米国の)大学に入った1984年(奇しくもMacintoshが発売された年)当時は一般的にレポートはタイプをして提出するのが義務付けられていた(翌年からApple IIeのApple Worksでのレポート提出がOKとなった。フォントはシャギーだったけれどその当時からApple Worksにはワープロと表計算とデータベースが1つのパッケージになっていたことに驚く。もちろんフロッピーベース。)。タイプライターでタイプをしていって紙が右端のほうに来ると、電動タイプライターでは”リターンキー”を押して文字通りシリンダー(ヘッドが動くタイプのものはヘッド)の位置を戻す。コンピュータの場合はデータを入力するので”エンターキー”となるのだと解釈している(Wikipediaによると、マックの場合リターンキーは改行コードCRに対応し、エンターキーはLFに対応している)。

ということで、もしかしたら今の22歳はタイプライターという存在を知らないのかも。だったら、ルパン三世のタイトル時の効果音は何だと思っているのだろう?この件引き続き調査してみます。

追伸
あの音をシャッターの音だと思っている人がいる...

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

MacBook Proの回復と精密ドライバー

先日MacBook Proのメモリーをご購入頂いたお客様から「本体のネジのねじ山がナメてしまいそうなので、マックメムでネジを開けてメモリーを取り付けて欲しい」というご依頼を頂戴する。マックメムでメモリーを取り付けることは全く問題ないのだが、往復の送料と時間がもったいないので幸いにも近くにアップルストアがあるので、アップルストアに持ち込んではどうかとお伺いしたところアップルストアで対応を断られたらしい。え?え?え? メモリーを取り付けをお願いしているわけではなく、本体のネジを開けてくれるようにお願いしてもダメってことなんだろうか。それはちょっと悲しい。

 

というわけでマックメムで対応することに。本体到着後、確かにMacBook Proのネジはかなり小さくびしっとねじ込まれているので、フィットする精密ドライバーで回さないといけない。ネジを外す基本は、押し付ける力7に回す力が3ぐらい。押さえつけずに回すからネジ山をなめてしまうので、しっかりと押さえる。正しいドライバーで正しく回せば簡単。あっとい間に終了。

 

その後Remberで動作テストを3時間程行い問題がないことを確認してから返送。

 

最近は100円ショップなどでも精密ドライバーが販売されていたりするので簡易にはそれでも良いが、精密ドライバーは壊れるものでもなく、ずっと使い続けられるものなので、良いものを購入することをお薦めする。良い物といっても、500〜1000円も出せば1セット購入出来る。

例えばアマゾンなら、ANEXの精密ドライバーセットとか、
VESSELの精密ドライバーセット
とかがお薦め。

 

それからマックピープルが届く。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

電源が勝手に落ちるのは致し方ないか。BJによろしくと節電対策。

昨日の内容で、内蔵HDがうまく読み込めない場合、自動で電源が落ちる仕様についてちょっと起こってみたけれど、Macがずっと動いたままで強制終了の仕方を知らないお客様にとっては電源が落ちてくれたほうが気持ちは楽なのかもしれない、とふと思った。ただ、何どもリトライするとはおもうけれど。

 

今頃になって「ブラックジャックによろしく」を読んでみて、涙する。TV版もDVDを借りてみたけれど、当たり障りがないエピソードを妻夫木の爽やかさで感動ものにしているが、原作では日本の病院のシステムやら、厚生省やらに対する怒りを、どこにぶつければ良いのだというような登場人物の葛藤に心が揺さぶられる。

 

節電がらみの話。iMac/20インチの通常消費電力約40〜50W。省エネモードでハードディスクを停めた状態で約30W。そのため、こまめにシャットダウンすることにしていた。シャットダウン時でも1W程度消費している。

 

それで、スリープ時の消費電力を計測してみると、なんとわずか2W。これなら起動に40Wを2分使うよりもスリープにしておいて起こしてあげたほうがお得か?ちなみに電気代は約40〜50W/時で1円なので、iMac1台1時間1円という計算。計測はワットチェッカー。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

内蔵HDのトラブル。勝手に電源が落ちる仕様は勘弁して欲しい。

Mac miniにメモリー増設をされたお客様のサポート。

起動すると1分弱で電源が落ちてしまうという症状。ここ2ヶ月ぐらいで立て続けて複数件起きている。きっとハードディスクのFATが壊れれているのだろうなと思ったので、本体をお送り頂いてマックメムで検証することに。

案の定FATの故障。ディスクユーティリティーで修復出来ず。仕方が無いので初期化して、再度OSXをインストールして完了。

それで、OSXでFATが壊れると勝手に電源が落ちるという仕様には正直困っている。今までこんなことなかったのに。クラッシュしてくれて画面に適当な文字がだーっと出てくれたほうが、少なくても電源の問題ではないことがわかる。

電源が勝手に落ちるとお客様はハードウエアの問題を疑うわけで、となるとメモリーを増設したせいだとか、メモリーが本体を壊したと思い込んでしまうのでサポートが大変。本体がメモリーを壊すことがあっても、メモリーが本体を壊すことが無いということをご説明して、まずは冷静になって頂くところからスタートしないといけない。

その後ディスクユーティリティーの使い方について説明するも、ディスクユーティリティーとは何?初期化とは何?というお客様に、ハードディスクを初期化をしてもらうのは至難の業。これはディスクユーティリティーの使い方ページを作るしかないかなと思っている。

ということで、いづれにせよお客様には常にバックアップはとるようにお願いする次第。バックアップさえあれば、あとはなんとでもなりますから。

 

マックメム店長 猪川紀夫
MacのメモリーテスターRember

国民皆保険の功罪。がんの早期発見、というか歯科でも。

 

小島慶子キラ☆キラ」をPodcastで聴いている。ゲストスピーカーの神足裕司氏がCT?MRI?をしてもらった時の話が興味深かかった。

 

彼のかかったお医者様の話では、日本の医療は進んでいるのに早期発見のための検診率が低いとか。日本では2割程度で、米国の8割程度と比較して圧倒的に少ないらしい

 

その理由は、米国では国民皆保険ではないため、病気になると高額の医療費を支払うことが大変なので、病気にならないように気を付けているので検診率が高い。

 

一方で日本は国民皆保険で、医療費が比較的安いので病気になったら病院にいけば良いというマインドがあるらしい(確かに自分もそう)。

 

私の米国の経験では、会社などで入る健康保険でも虫歯は保険の対象外(予防できるので)であることが多く、米国人は皆真剣に歯磨きしていると感じている。

 

国民皆保険の功罪かなと。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

プロジェクトN

キーボードのコントロールキーの位置をこだわっていたあの頃。

知人のブログで「コントロールキーがAの隣ではないと仕事がはかどらない」というコメント。カタカナなどを変換をするのにコントロールキーが必要なので、その度に左下までホームポジションから小指をずらのが面倒だという話。最近のマックのキーボードはAの隣にはキャピタルロックゆえ。

 

そういえばはるか昔のこと、自分も同じことを考えたなーと懐かしく思う。

 

このApple KeyboardはコントロールキーがAの横にあったので、マック本体付属のキーボードではなく、わざわざ中古のものを購入していたぐらい。このキーボードのタッチは最高だったと今でも思う。

 

(写真の元はWikipedia英語版

 

で、最近なぜかコントロールキーの位置を気にしていなかった(あきらめていた?)たしか、OS9の時代にキーボードの割り当てを変更するフリーウエアがあったことを思い出す。OSXでもそんなソフトがあるかなとググったところ、なんとシステム環境設定のキーボードにその機能がついていて簡単に変更可能。全く目からうろこ。これで便利になりそう。

 

 

システム環境設定のキーボードの右下の修飾キーボタンを押すと、設定ウィンドウが降りてくる。そこで、キャピタルロックとコントロールキーの位置を入れ替えることが可能。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

MacのメモリーテスターRember

Macはデータが命です。なので、Carbon Copy Clonerをどうぞ。

マックメムのお客様から、ここのところ立て続けに2件、Macが起動しなくなったというご連絡を頂く。症状はカーネルパニックなので、至急メモリーの交換品をお送りするが改善せず。メモリーの取り付け等に問題があるのではないかと考えたので、本体をマックメムにお送り頂く。

 

チェックするとハードディスクの故障ということが判明。ディスクユーティリティーによると、ファイル・アロケーション・テーブル(FAT)が壊れているという診断。FATが壊れるとカーネルパニックになるということらしい。

 

で、2名のお客様はともにバックアップをとっていらっしゃらなかったので、冷や汗ものだったが、幸いにも、別のディスクから起動すると、故障している内蔵ディスクがマウント(読み込みだけ可能な状態)したので、急いでコピー。大きな被害はでなかった。

 

ハードディスクはメカなのだから遅かれ早かれ故障するものだ。しかし自分もそうだが、なぜか「自分のハードディスクは壊れない」というような思い込みがある。行動経済学に賭博者の錯誤(Gambler’s Fallacy)・制御(コントロール)幻想というのがあって、博打の確率は誰にも同じはずなのに「俺だけは違う」と思うってやつ。何かそれと同じ感じなので、気をつけるべし。

 

で、上の思い込み以外にバックアップが面倒だと思う理由として、バックアップ方法がわからないというのがある。ということで、Carbon Copy Clonerの簡単な説明ページを 1ページ起こす。

 

 

あとは外付けハードディスクの購入方法(マックメムでの取り扱いはないので)を後日まとめようと思う。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

世界で一番タフで丈夫な男に出会う。そして冷やし坦々麺も。

街中を歩いるいると、なんと幸運なことに「世界で一番タフで丈夫」な男に出会う。

 


大岡山駅前、中華料理屋?四川の冷やし坦々麺。珍しい?ので注文してみる。麺はストレートで固めにしめてあり、冷たいスープが辛くて美味。冷やし中華だと満腹感が少ないが、こちらはスープがある分腹いっぱいになる。

 

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

PBG4の電源アダプターが今更断線。ドッグタグとキャッシュバックも。

中1の息子にお下がりで使わせていたPowerBook G4(Alumi) 1.5GHzの電源アダプターの挿し込む部分の付け根が断線。これで2つ目。扱いが乱暴と言えば乱暴なのだが、構造上どうしても無理がかかるのに、線が細いというデザイン。アップルとしては線を太くするとブサイクなので、あえてそういうデザインにしているのだと思う。

米国人の扱いもきっと同じなのだろう、この件アップルにクレームが多かったのではないかと想像する。新しいラップトップに採用されているマグネット式の電源アダプターはアップルにとっては自己防衛的なデザインだったのでは。無理な力がかかれば勝手に外れてアダプタの根本に力が伝わらな。改めてすばらしいなと思う。

今更PowerBook G4用の電源アダプターを購入したくないし、仮に購入してもまた壊れることを考えると、安価なMacBookを与えるのが正解か。

Bluetoothレシーバー、ドッグタグBT-A2 DTが届く。軽い。すんごく軽い。18g。その分電池の持ちが良くないとか、電池の寿命が短いとか、なんてことを疑ったりしている(実際は使ってみないとわからないが)。

 

充電中は赤く光り、ペアリング中は青く光る。

 

あっさりとiPhone4とペアリングも出来た。これで3550円なのでいつ壊れてもいいやと。一応6ヶ月保証。

 

Brotherからカラーレーザープリンターのキャッシュバック1万円が届く。本体3万円程度だったので、キャッシュバック後には2万円になる計算。ただ、すでに予備のトナーカートリッジ(カラー3本+黒1本)に1.5万円近く支払ったので、その分に充当されることになる。本体を安くして消耗品でもとを取る戦略かな。

マックメム店長 猪川紀夫

 

プロジェクトN

ソニータイマーにはちと早いDRC-BT30Pの故障。人の感覚ときたら。

ソニーのBluetoothレシーバーDRC-BT30Pが故障。聴いている最中突然プツンと言った後、うんともんとも言わなくなる。購入からまだ3ヶ月なのでソニータイマーにはちょっと早すぎ。これは良かったことだが。

 

 

修理はソニーのサービスステーションに持ち込みのようなので、近所のサービスステーションは横浜だけ。その横浜というのもほぼ桜木町な感じで、東急東横線ユーザーとして中途半端で持ち込みづらい。かつ修理に1週間ほどかかるようで、再度わざわざ行きたくない感じ。

価格が5500円程度だったので、2往復の電車賃と手間暇を入れると修理しないで新しく購入したほうが良いかなとも感じている。ただ、同じものを購入するのも悔しいので代替品はないか検索中。

 

前回書いたバラバラで届いた「プライスレス」を読み始める。それによると社会心理学や行動経済学の先人たちの研究では、
1.人は違いには敏感だが、絶対的な値には鈍感である。
・・2つの荷物のうち重いほうは良くわかるが、それが何キロなの良くわからない。
2.感覚に逓減作用がある。
・・1キロから2キロの違いはよくわかるが、101キロから102キロへの違いは感じにくい。
3.喜びよりも痛みを嫌う。
・・1万円得る喜びよりも、1万円失う痛みのほうが大きい。

 

で、人の感覚(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)は上のような性質があるのだが、果たして人の心についても同じことが言えるのか?例えば、「自分が幸せであるかどうかわからないが、あの人よりは幸せだと思う。」というようなことは1ゆえか?いづれにせよ、人の感覚ときたら、ええ加減。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

MacのメモリーテスターRember